美味しんぼ 106 (ビッグコミックス)

著者 : 雁屋哲
制作 : 花咲 アキラ 
  • 小学館 (2011年8月30日発売)
2.95
  • (0)
  • (4)
  • (12)
  • (3)
  • (1)
  • 96人登録
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091840363

美味しんぼ 106 (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 名店は人を育てる力を持っている。

  • そういえばキチンとした店でおでんを食べてことも無いし、すっぽん料理を食べたこともない。和食の名人名店とは無縁なんだなぁとつくづく

  • 726.1 カ (106) 登録番号9071

  • 名人の仕事ぶり、働くことはこういうことかと思えてきます。
    料理も本当に美味しそう。

  • 100巻ぐらいまでは購読していたが、それ以降は買わずに立ち読みですませていた。

    感覚的にはすごく久しぶりに読んだんだが、なんというか水戸黄門的というか最初に出てきた問題を料理を通じて解決するという毎度おなじみの手法で、ある意味安心してよめる。

    前巻ぐらいから、名人、名店巡りとかになってしまって、今まで登場したお店のリメイク的になってて、ネタ切れなのかなって感じる。

  • 長い連載。惰性で購入。相変わらず、ぶれてない、取材も立派。でも初期のように面白くない。パターンが同じだから。

  • 美味しそう。食べに行きたい。

全8件中 1 - 8件を表示

美味しんぼ 106 (ビッグコミックス)のその他の作品

雁屋哲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

美味しんぼ 106 (ビッグコミックス)に関連する談話室の質問

美味しんぼ 106 (ビッグコミックス)はこんなマンガです

ツイートする