アイアムアヒーロー 7 (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.88
  • (60)
  • (122)
  • (78)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 1029
レビュー : 64
  • Amazon.co.jp ・マンガ (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091840509

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アウトレットモールは攻撃的なサンゴと打算的な伊浦という男たちによって支配されていた。
    口減らしと称してサンゴたちは反抗的な態度を取る初老の男を処刑し、ZQNの行動を観察していた。
    ZQNは音に引き寄せられる性質を持つが、その中に高い跳躍力を持つものがいた。
    伊浦とサンゴは、英雄の銃を奪う作戦を実行し、パワーバランスは崩れてしまう。
    奪った銃を使い、食料を確保するためフードコート突入計画が敢行される。

  • おお、「ありがちな展開」とがっかりした前巻とは対極で、また面白い展開になってきた。
    モールのやつらの卑劣さが、とてもうまくかけていて良し。

  • ゾンビに対抗する人間の集団がいれば、そこはやっぱり暴力中心になっちゃうよなぁ、ということで生き抜くためには協力してゾンビを倒すというのが恐怖に縛られては出来ないんでしょうね。もう先には悲劇しか無い感じだけど、どう生き残っていくのかを楽しみに読むことにしよう

  • 世間の評判から、内容を知らずに一巻を購入し、なんじゃこりゃ?意味が分からん、なんて思ったのは、つい先日の話。
    あっという間に七巻まで読み進めてしまった。
    それなのに、いまだに落ち着けるシーンなし。
    まだ、最終回が描かれていないみたいなので、この後の巻を購入するべきか、待つべきか。
    悩みどころです。

  • 御殿場アウトレットモールの屋上の避難組に合流した英雄たちだったが、もはや正常な人間たちもまっとうな状態ではなかった。自分の身は自分で守らないと、正常な人間とも一緒にはいられない。
    英雄の持つ散弾銃は大きな武器になるため、彼らに狙われるが…。

    今回もグロいシーンが出てきますが、屋上にいる男「サンゴ」がなかなかの異常人ぶり。いったいこの御殿場編はどうなっていくのか気になるところです。

  • もうどきどき食いつきで一気読みしました。怖い話は苦手だったのですが、最近虜になっています。

  • 比呂美が人類を救う希望になるかもしれない――。逃げ込んだアウトレットモールの屋上で出会った謎の女性・藪の提言。戸惑いながらも、英雄は藪と絆を深め、共闘することに。しかし屋上のテント村では、反逆者を殺害する独裁政治が敷かれていた…。狂気を孕んだ比呂美、銃を携える英雄、不敵な集団の支配者、眼下に群がる感染者たち……。奇妙な力関係の中、生殺与奪の権を握るのは、誰だ―――!?(Amazon紹介より)

  • 人間の醜さ

  • 大丈夫だ。一人でできる。

  • 御苦労様です。

全64件中 1 - 10件を表示

アイアムアヒーロー 7 (ビッグコミックス)のその他の作品

花沢健吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アイアムアヒーロー 7 (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする