MASTER KEATON完全版 5―MASTERキートン (ビッグコミックススペシャル)

  • 小学館
4.26
  • (39)
  • (45)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 356
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091841650

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 完全版第5巻、「瑪瑙色の時間」や「黄金の金の夢」など、
    どこか穏やかな物語を合間にはさみながら、戦争・紛争にちなんだ連作シリーズが続きます。

    中でも湾岸戦争を題材にした”豹の檻”シリーズは、
    当時のフセイン=悪へのアンチテーゼを考えさせてくれました。

    ん、英国政府の暗号ネタは、ドキドキしながら実際のテレビを見ていたなぁ。。

  • やっぱり面白いなぁ。

  • コーギーのもふもふがいい感じ。後その飼ひ主の関係と、彼女によるキャラクターの説明と、ナニが面白い。
     エルザ・ランチェスターの関係は 気持ち悪くてよい。
     ケルトの人は豚といろいろ昵懇の間柄で、ウェルシュケルトも確か そんな感じで、なのでフォークランド紛争へ行ったをっさんが、さういふ「ナショナリズム」に満ちたタームをみっちみちにした童話から出てきた英雄が、ああいふ感じでも別に、いいとおもひます。

  • イラクのクウェート侵攻を扱った「豹の檻」以降の話、フォークランド紛争に関わった兵士達のその後の物語「デビッド・ボビッドの森」など長いサスペンス作品が印象に残りますが、キートンの少年時代の話「瑪瑙色の時間」、海に眠る宝探しの話「黄金の鐘の夢」といった終わってほっこりできる話がいいなあ。スケールの大きな、どこまでフィクションか分からない話も、よくこんな話を思いつくなあと思いますけどね。

  • 2017年5月11日

    <MASTER KEATON>
      
    アートディレクション/海野一雄
    デザイン/小林美樹代+ベイブリッジ・スタジオ

  • デビッドボビッドの森の連作、豹の檻からの連作がグッと来た。戦争っていやだなぁ。

  • 面白いですね!

  • じんわり暖かい話から、手に汗握る長編まで。すごい才能。

  • 継続購入

全21件中 1 - 10件を表示

勝鹿北星の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

MASTER KEATON完全版 5―MASTERキートン (ビッグコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする