ギャラリーフェイク: 地震観音 (12) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.51
  • (11)
  • (16)
  • (43)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 220
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091846129

作品紹介・あらすじ

美術界を舞台に繰り広げられる、芸術をめぐるミステリー!

▼第1話/女神の憂鬱▼第2話/城下の棋士▼第3話/地震観音▼第4話/地図は導く▼第5話/贋作王・バスティアニーニ(前編・後編)▼第6話/地下墓所のアリア▼第7話/下戸 上戸▼第8話/梅雨晴れの日に
●登場人物/藤田玲司(ニュ-ヨ-ク・メトロポリタン美術館元学芸員で贋作専用の画廊、「ギャラリ-フェイク」のオ-ナ-。通称フジタ)、サラ・ハリファ(Q共和国の王族の娘で、フジタの秘書)、三田村小夜子(高田美術館館長)
●あらすじ/藤田のもとに、昔パチンコ仲間だった売れっ子モデル、江副ルミが「最近ストーカーに付け狙われている」と泣きついてきた。ストーカーからの手紙を見た藤田は、ある確信を持つ……。(第1話)▼金沢に来た藤田とサラ。旅館で偶然出会った将棋の増田名人は、サラが骨董屋で買った将棋の駒に、過剰な反応を示すのだが……。(第2話)
●その他の登場人物/江副ルミ(第1話)、増田名人(第2話)、知念先生(第3話)、ラモス(第4話)、テレサ・コンティ(第5話)、ビアンキ(第5話)、フェリーニ神父(第5話)、エリザベータ(第6話)、舟越誠一郎(第7話)、ハセマン(第8話)
●その他のデータ/薪絵の将棋盤と駒(第2話)、行基「地震観音」(第3話)、アルキメデス「地球天球儀」(第4話)、マンテーニャ「セラフィムの聖母子」(第5話)、ダ・ヴィンチ「リラ」(第6話)、「皮鯨」(第7話)、ベトナムジッポー(第8話)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 副題は「地震観音」

    売れっ子モデルにストーカー。
    天才棋士に勝った美女。
    地震観音。
    売れない古地図屋。
    バスティアニーニ。
    リザのホームシック。
    船越君の父のコレクションは。
    沖縄旅行のサラ。

    (2005年07月10日読了)

  •  美術をテーマに取り上げた漫画で、主人公の藤田の美へのあこがれ・探求・崇拝がわかりやすく、時には難解に描いてあります。
     一話完結なので、どこから読んでも読みやすく、おもしろいですよ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

細野 不二彦(ほその ふじひこ)
1959年生まれ、東京都出身。大学時代からスタジオぬえで活動。大学在学中の1979年、『マンガ少年』掲載の「クラッシャージョウ」(高千穂遙原作作品のコミック化)でデビュー。
アニメ化された『さすがの猿飛』及び『Gu-Guガンモ』などのコメディ作を手がけたあと、青年漫画に進出。以降も『太郎』『ギャラリーフェイク』『ダブル・フェイス』といったシリアス路線の人気作を次々と生み出し、長年に渡り一線級の人気を誇っている。

細野不二彦の作品

ツイートする