専務の犬 (Big comics special―高橋留美子傑作集)

著者 :
  • 小学館
3.68
  • (23)
  • (22)
  • (44)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 202
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091847225

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • メガネの中年男性の心理描写が良い。特殊能力や派手な外見でなくてもキャラがそれぞれ立っていると思う。

  • サラリーマンの頑固一徹で真っ直ぐ生きてきた感じの堂本さんにすごくときめく。ツボ過ぎてなみだがでた。

  • 高橋留美子の漫画にはまったく読みたくないものと何度でも読み返すものとに二分される。子供っぽい漫画類は手をつけてない。犬夜叉はかつかつアダルト?(テーマが奥深い)
    これはみるからにアダルトである。

  • どの話も安定して留美子ワールド

  • この人の描く中年親父の切なさは最高。

  • らんまが名作なのは言うまでもないけど、この短編集はかなり泣けます。テンポのいいギャグと、ほろっと涙を呼ぶ話。

  • おやじ達が可愛く見える。そして笑える。

  • ■全1巻所持

  • 短編集第2巻。Pの悲劇よりも全体的に可愛らしくなってるかな。家族愛が主軸。犬に眉毛を書きたくなる。

  • 「専務の犬」っていうタイトルが好きです。

全14件中 1 - 10件を表示

高橋留美子の作品

ツイートする