あずみ (11) (ビッグコミックス)

著者 : 小山ゆう
  • 小学館 (1998年7月1日発売)
3.42
  • (4)
  • (2)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
  • 74人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091850515

あずみ (11) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 連載期間14年にも及んだ小山先生の大作。物語をどう終わらせるのかずっと気がかりだったけれども、第1部を終え、舞台を幕末に代えてしまったのに震えた。個人的には静音・忠音が出てくる雪国編あたりまでが何度も読み返したのでよく覚えている。登場してすぐ自爆した飛猿が、その後こんなに主要人物になるとは思わなかった。

    それにしても、小山先生の描く人物は、悪人と善人の顔の描きかたの違いが凄まじい(意識的にそうしている、と「お~い竜馬!」連載後の武田鉄矢との対談で言っていた)。

  • 刺客から逃れたが、「きく」と旅路を同行することになったあずみは、「きく」の病を機に、とある一家の世話になる。しかし、そこにも刺客は現れ…あずみは一家を守り刺客から逃れることはできるのか?

    まだまだ続く刺客の魔手。後半ではスケベな和尚さんのいる寺に世話になりますが、すぐにまた波乱の予感…。。。

  • あずみ超強い!!

全3件中 1 - 3件を表示

あずみ (11) (ビッグコミックス)のその他の作品

小山ゆうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

あずみ (11) (ビッグコミックス)はこんなマンガです

ツイートする