Sエス―最後の警官― (10) (ビッグコミックス)

  • 小学館
3.80
  • (1)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091852373

作品紹介・あらすじ

今一番熱く新しい警察特殊部隊コミック!!

「反原子力」の世論の高まりを受けて、政府はプルトニウムの一部国外返還を発表。
プルトニウム1.8トンを載せた輸送船「第2あかつき丸」が、フランスへ向け出航する。
しかし、出航後間もなく宮城県沖で、「第2あかつき丸」がシージャックされた!
首謀者は、かつてNPSとSATを苦しめたテロリスト・正木!! はたして、その目的は!?
そして、日本政府の対応は!?

【編集担当からのおすすめ情報】
雑誌掲載時から話題騒然!!
現在、ビッグコミック誌上の連載も
最高潮を迎えている「プルトニム編」の
シリーズ前半が遂に単行本に!!
SATと同様に機密の多い海上保安庁の
特殊部隊・SSTも登場し、かつてない
スケールとリアリティーで描かれる
“S”ワールドを是非お楽しみください!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いよいよ正木たちが動き出した。プルトニウムを積載した第2あかつき丸シージャックに、海保・SST、警察・SAT、NPSそれぞれのプライド、霧山や天城の企み。一號と拳を交えた正木、強い!

  • 正木との対決、SST,SAT,NPS三部隊合同でうまくいくか。ミクラス落ち込んでる時間はないよ!海神があまり見せ場がなかったけど、これからかな?しかし、今巻はカバー下笑ったw

  • すごいことになってる

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

同名著者複数。

1. 小森陽一(こもり よういち)
1967年、佐賀県生まれの小説家、漫画原作者、脚本家。大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業後、東映助監督、テレビ製作会社勤務を経て作家に。原案を担当した『海猿』は後にテレビドラマ化、実写映画化。マンガ原作の代表として、『トッキュー!!』、『天神-TENJIN-』。小説家としては「天神シリーズ」、そして2018年10月映画化される『オズの世界』。

2. 小森陽一(こもり よういち)
1953年、東京都生まれの研究者。東京大学総合文化研究科(言語情報科学専攻)教授。専攻は近代日本文学、近代日本の言語態分析、現代日本の小説と批評。全国「九条の会」事務局長。北海道大学大学院文学研究科修士課程修了。成城大学文芸学部助教授、東京大学教養学部助教授を経て、現職。
主な著書に、『ことばの力 平和の力――近代日本文学と日本国憲法』(かもがわ出版)、『記憶せよ、抗議せよ、そして、生き延びよ 小森陽一対談集』(シネ・フロント社)、『あの出来事を憶えておこう 2008年からの憲法クロニクル』(新日本出版社)など。

Sエス―最後の警官― (10) (ビッグコミックス)のその他の作品

小森陽一の作品

ツイートする