Monster (18) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.80
  • (223)
  • (119)
  • (345)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 1366
レビュー : 120
  • Amazon.co.jp ・マンガ (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091852786

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 17巻までは文句なしに★5
    最終巻の何がひっかかるって、マスターキートンと展開被りすぎなところ。残念。でもグリマーさんのところは全話通しても最高だと思います。

  • はぁ、久々に読み応えのある素敵な漫画に出会えました
    絶対誰かに薦めたくなる!

    エンディングはぞわっとしますね(゚Д゚;)

  • グリマーの言葉
    「人間は……感情を無くすことはできない……
     感情は……
     どこかわからない所に……
     迷いこんでいたんだ……」
    この物語の影の主人公は彼だ。

  • 最後・・・。結局、不気味な終わり方・・。
    母親には愛されていたという解釈も出来るけど、なんかそうは思えない・・。怖
    ニナとヨハンのあの闇の深さの違いはなんだろう・・?

    正直展開についていけない部分もあったけど、面白かった!

  • 14-18巻。いやーついに完読。しかし、やっぱ難しいな。すっきりしない。最後の空のベッドってヨハンがまたどっかに行ったってこと?ヨハンの本当の名前は何だったの?お母さんはどうして生きていたの?どうして一人の手を離したの?どうして二人とも女の子の恰好をしてたの?511キンダーハイムにはヨハンはどうして入ることになったんだっけ?何回も読まないと理解できないわ。でも面白かった。ヒトラーがユダヤ人を抹殺しようとしたんだから、こんな子どもを洗脳するような計画があってもおかしくない気がする。あぁ恐ろしい。子どもがかわいそうだ。

  • 最初の方読んでから間があいたけど、中盤以降一気読み。
    中盤の行く先々で人を助け、人を変え、信頼を得ていくDRテンマのロードムービーっぽいのも好き。
    裏で蠢く旧東ドイツの思惑すらもヨハンに翻弄される。
    テンマとニナ以外のキャラはいつ殺されちゃうかとハラハラさせられるw
    グリマーさんに泣いた。ルンゲ警部共々、ルーエンハイムでかっこよすぎでしょう。
    エヴァとマルティンにも泣いた。くだびれた男とやさぐれ女。なんてロマンチックなメロドラマ。
    物語の中で、人が人とかかわり合う中で変わっていく。
    希望ある変わり方もすれば、絶望の方へ変わってしまうこともある。
    結局、人は人によってつくられるのかな。ヨハンすら、最初から怪物だったわけじゃなくて、人によって「怪物」になっていってしまったという。

  • ココアの時には、思わず「お前か?!」と叫んでしまった。案外結末はあっさりしてるもん…って感じが、私的には若干の現実だな…と、思ってしまった。ただ、アレだけ人伝いにヨハンのことを聞いていたけど、本人って、言うほど登場してないのも面白いとこかなぁ。と、

  • 浦沢直樹作品をいくつか読んだ中では一番スキ。最後の最後まで楽しみました。

  • ラストのページ(コマ)を見たときはゾクッとした。
    生命は取り留めたけど、本当の名前を誰も知らないまま、人々の記憶から消えていくことで、ヨハンの「完全な自殺」は完成したのかも知れない。
    本当の名前は分からないのは同じでも、生命を落としたグリマーの方が多くの人の記憶に残ることになったのは、皮肉というか、随分と対照的。

    全巻を通して、「計算」とは呼びづらい都合の良い展開やこじつけも多いように感じる。
    まぁそこはフィクションということで目をつぶれば楽しめるけど、読む人によっては気になるんじゃなかろうか。

  • 人に力を与え、人を突き動かす原因は、人の心の奥底にあると感じた。

全120件中 1 - 10件を表示

浦沢直樹の作品

Monster (18) (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする