Heat 1―灼熱 (ビッグコミックス)

著者 :
制作 : 池上 遼一 
  • 小学館
3.58
  • (11)
  • (16)
  • (28)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 114
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091852816

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • HEAT縺ィ縺ッ繧ケ繧エ繧、鬘悟錐縺?縲
    縺薙?菴懷刀繧?indle縺ァ辟。譁吶□縺」縺溘?

    荳サ莠コ蜈ャ縺ッ?育ャャ1蟾サ縺ョ遽?峇蜀?〒?峨←縺薙°繧峨d縺」縺ヲ縺阪◆縺ョ縺九リ繧セ縺ェ繧薙□縺代←縲∵ュ瑚?莨守伴縺ァ繝帙せ繝医け繝ゥ繝悶r邨悟霧縺励※縺?k縲
    縺励°縺怜?エ謇?譟?ァ倥??↑莠コ髢薙′陟「縺丈クュ縺ァ蝨ァ蛟堤噪縺ェ證エ蜉帙→繧サ繝?け繧ケ縺ァ繝峨Φ繝峨Φ謇倶クュ縺ォ蜿弱a縺ヲ縺?¥繝サ繝サ繝サ縺」縺ヲ諢溘§縺ァ縲√∪縺輔↓豁ヲ隲門ー翫Ρ繝シ繝ォ繝牙燕蜈ィ髢具シ

    3蟾サ縺セ縺ァ辟。譁吶〒繧イ繝?ヨ蜃コ譚・縺溘?縺ァ縲∫カ壹″縺梧・ス縺励∩縺?縲

  • ヤクザも警察もヘッタくれもないほど男の生き様に興じている世界観。
    のし上がり方が短いし心の掴み方もよく分からんが上手いとだけは分かる。

  • 3/28,1-4読了。武論尊「下流の生きざま」つながりで。

  • 唐沢辰巳のかっこよさにひたすらシビレル。
    極道マンガというより、「漢」の物語。

  • ギャグ漫画としては五つ星

  • 1〜13

  • 題名の通り、熱い。
    ハードボイルド系が好きな人は必読。

  • 後半の失速感が本当に勿体無い。そう思えてしまうほど、前半の漢達の熱さが凄かった。
    権力暴力知力に財力。力という力がぶつかり合って、でも最終的には一人の人間としての力、魅力、漢という存在の強さに集約されるか。唐沢もそうだけど、個人的には里見さんの魅力にまいった。こんなに恰好良い女、誰だって惚れるだろ! 因みにこれで私は「新宿」を初めて知りました。新宿…恐ろしい所!!@ガラスの仮面

  • 主人公、唐沢辰巳よりも、
    男としての器量のある人物を僕は知らない。

  • 池上遼一&武論尊の最強コンビには完敗です。これまたシビレます。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

■武論尊・・・・・・1947年長野県生まれ。1975年より連載の「ドーベルマン刑事」が大ヒット。屈強かつ男気あふれる主人公を題材にした作品が多く、1983年には「北斗の拳」で社会現象を巻き起こす。一方「史村翔」名義でも原作執筆を行っており、代表作に「Dr.クマひげ」「サンクチュアリ」など。

「2018年 『北斗の拳 拳王軍ザコたちの挽歌 ①』 で使われていた紹介文から引用しています。」

Heat 1―灼熱 (ビッグコミックス)のその他の作品

武論尊の作品

ツイートする