機動戦士ガンダム サンダーボルト (2) (ビッグコミックススペシャル)

著者 :
  • 小学館
4.08
  • (43)
  • (41)
  • (22)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 446
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・マンガ (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091853073

作品紹介・あらすじ

待望の太田垣版一年戦争、最新集登場!!

いよいよ総力戦へまっしぐらとなったサンダーボルト宙域の戦局が、イオとダリル、ふたりのパイロットにさらに重い運命を背負わせる。連邦の魔物・ガンダムに対抗すべくジオン軍が用意した驚異のMS、それは…!?

【編集担当からのおすすめ情報】
第1集が発売1週間で増刷決定するなど、反響鳴り止まぬ太田垣版「一年戦争」。独自のリアリズムで切り取った胸に迫る戦争描写に留まらず、それを表現するに相応しい描き方にも挑戦し続ける太田垣先生の熱には、編集者としても毎回新鮮な驚きを感じています。第2集では、連邦/ジオンそれぞれのパイロットが重き宿命に直面し、さらに驚愕のMSが登場…! 物語は一気に加速します。もっともっと「メカ(MS)」を堪能したい……という方は、ホビージャパンより連動立体化企画をまとめたムックも発売される予定ですので、そちらも合わせて、より深くサンダーボルトの世界をお楽しみください!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 生き残る事に望みを託す、敗残のロマンチスト。
    狂気にも似た熱を戦場に求める、傲岸のリアリスト。
    そして、読後にただ『壮絶』の一言が残る。

  • 繝?繝ェ繝ォ蟆大ー峨°繧峨き繝シ繝ゥ謨呎肢縲√う繧ェ蟆大ー峨°繧牙ー大ケエ蜈オ縺溘■縲√◎繧後◇繧後?遘醍區縺ォ縺励?繧後◆縲ゅ◎縺励※縲∵姶髣倥す繝シ繝ウ繧らキ雁シオ諢滓シイ縺」縺ヲ繧九?ら?驥上′繧ケ繧イ縺医?

  • 前巻にもまして、一年戦争の技術の枠を超えているが、SFとしては当然こういった方向性はありなんだよなあ。(だが、既存の枠を超えた技術は後に伝わらなかった/残らなかった事の説明は最後に必要になる訳だが)

  • 漫画喫茶で読みました。

    クローディアの下着姿は全然まったく嬉しくないな。
    クロッチすらないってのも、いつの時代のパンツ描写だよって思うけど。

    ダリル曹長が左手を失った経緯がわからない。
    1巻の最後は無傷で帰還してるし(劇場版ではこのときに失ってなかったっけ?)、描写的には2巻の始めで既に失ってる感じ?
    次にガンダムが出撃してきたら・・・みたいな話をしてるところから、搭乗艦が被弾でもしたのだろうか?

    既にゲルググに劣ってるのに、試作機であるガンダムを投入してきた理由が描かれていて、なるほどって感じだね。
    英雄的なシンボルとして、か。
    となると、中身はアムロのガンダムとは別物かもしれないね。
    中身はアレックスとか。
    アムロの戦闘データからコンバートもされてるだろうし、純粋に性能が上がってるんだろう。

    サイコ・ザクは思い切ったデザインだよね。
    とりあえず背中に武器をたくさん背負わせよう、とか、単純明快かつ有効な方法。
    被弾したときがヤバそうだけど。
    フルアーマーユニコーンもそんな方向性だよね。
    ただ、せっかくだから使っては廃棄、使っては廃棄、みたいな描写が見たかった。
    気が付いたらほぼ使い切ってるとか。
    機体が赤いのは、連邦側がガンダムのヒーロー性を利用してるのと同じくシャアにでもあやかってるんだろうか。



    両陣営とも母艦を失うって。
    艦と共に・・・ってのは描写としてはカッコイイかもしれないけど、所詮は自己満足の無駄死になんだよね。
    第二次大戦中の日本でも艦と共にした艦長が多数いたみたいだけど、その結果、有能な艦長がいなくなって人材不足に陥ったとかなんとか。
    つまり宇宙世紀のような未来でソレを強要する副艦長は、やっぱ無能だったということか。

    っていうか、「反撃くるから撃ったら速効離脱しろよ」って言われてたのに離脱せずに反撃喰らって消し飛んだ部下といい、本編の「1本ずつ撃てよ」って言われたのに3本まとめて撃っちゃって爆風で投げ出されたミハルといい、なにやってるんだろう。
    相手を撃墜するとテンション上がっちゃって死に直結する注意事項すら頭から飛んじゃうんだろうか?

  • 人間ドラマから敵にも感情移入するような流れではなく、そもそも論で戦争の悲しさが作品を覆い尽くしている中では悪も正義もない。しかしMSはかっこいい。悲しい。

  • よくぞあの「角付きヘルメット」をそのまま描いたw

    そもそも原作が「子供が戦場に出る」ということを異常であると描いたものではあったのですが、本作ではそれを大人の視点から、もっとえげつなく描く。殆どネネカ隊じゃねーかw

  • 2014/12/25購入
    2014/12/29読了

  • 絵が下手。
    サイコミュのために両手両足を切断されるというのがなんとも。

  • モビルスーツのカッコよさに目が行きがちですが、戦争の悲壮さが凄く伝わる2巻でした・・・(´;ω;`)
    一人ひとりの命が重く描かれていて、感情移入させてくれる構成も見事としか。

  • これだけ世界観がリアルになると、もう、ガンダムの造形に違和感が。

全32件中 1 - 10件を表示

太田垣康男の作品

機動戦士ガンダム サンダーボルト (2) (ビッグコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×