20世紀少年―本格科学冒険漫画 (3) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.51
  • (86)
  • (78)
  • (316)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 1270
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091855336

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 繧ア繝ウ繝ゅ?蠎励r螟ア縺」縺溘′縲後h縺偵s縺ョ譖ク縲阪r謇九↓蜈・繧後◆?

  •  実は、今まで起こったトモダチ関連の事件は、ケンヂが子供の頃、友達と考えた妄想が元になっていることが判明する。
     トモダチはそれを忠実に実現していて、ケンヂはそのことに責任を感じる。
     次に自分が何を考えたのか、思い出したケンヂは空港に向かうけれど、時すでに遅し。
     そして、直接、トモダチに会いに行くが、そこで姉の子供の父親は自分だ、と告げられる。
     衝撃を受けたケンヂだったが、姪であるカンナに危機が迫っていることを告げられ、慌てて自宅に戻る……

     という話でした。
     たわいもない子供の妄想が、大きな事件を引き起こしている、というのはなんとも空恐ろしい状況だなあ……と思って、これこそこの物語の一番おもしろい! と感じた瞬間でした。
     誰でも過去にやったたわいもない遊びが実現していく恐怖って本当にハンパないと思いますし、こんなことって誰でもしたと思うので、とにかく背筋が寒くなります。

     ちょっと寒い思いをしたい方にはオススメです。

  • ケンヂは“ともだち”のコンサートに乗り込みますが、そこでカンナの父親が“ともだち”だという衝撃の事実を知らされることになります。そして、サンフランシスコ、ロンドンに続いて大阪に細菌兵器がバラまかれ、さらに空港の爆破と、幼い頃のケンヂの予言はことごとく現実のものになっていきます。

    一方、ケンヂの経営するコンビニに“ともだち”の信者が押し寄せてきて、カンナを奪い取ろうとします。ケンヂはカンナを守り抜きますが、コンビニに火を放たれて、ケンヂは家を失ってしまいます。後日、ケンヂは焼け跡になった自分の家から、子どもの頃に書いた「よげんの書」を見つけ出します。

    “ともだち”の正体はオッチョか、サダキヨか、それとも他の誰かなのか。「運命の子」カンナは物語にどのように関わってくるのか。ストーリーのゆくえがますます気になります。ただ、あまり昭和期のディテールに凝った部分はないのが、個人的にはやや残念です。

  • ケンヂがギターを弾いている場面の勢い! 他のメンバーを誘うのを躊躇するケンヂの優しさ。

  • ギター弾くところとか少しカッコつけすぎな感じもするけど、世界を救う話になっていくとすれば、胸が熱くなるものがある!そんで「ともだち」にハマってる連中の顔の描き方上手いなー!ほんとハマってそうに見える!

  • 次はどこだっけ?

  • ケンヂの仲間は簡単には集まらなかったんだ。人生で背負うものが重いと思い切るのは難しいってこと。ケンヂだけが〝ともだち〟に立ち向かう決意をするのが格好良い。オッチョも登場だ。

  • 地球を救う決意をしたケンヂ。
     
    ともだちコンサートでの、ともだちとの接触。
    ハットリくんのお面が不気味・・・
     
    同級生にともだち。
    同窓会に参加してたなかにもともだちはいた?
     
    「愛・ロック・友ッ!」

  • ラストのコマでなぜか鳥肌が立ちました。

  • 726.1 ウ (3) 登録番号8600
    ギターを持った英雄
    N先生寄贈

全37件中 1 - 10件を表示

浦沢直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (3) (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする