ギャル男vs宇宙人 (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091855794

作品紹介・あらすじ

異状事態発生!ヤベー超ヤベー激超ヤベー!


いまや“絶滅危惧種“のギャル男・村田は渋谷センター街ではちょっとした有名人だ。三頭身だから!

イケメン先輩・テツとドラッグ&セックスの毎日を送っていたが、
渋谷にインベーダー出現!! ”異形の者“に女友達のミュウを蹂躙される…
人類代表としてだまっちゃいられない!世紀の対決、いざ開戦!!

『足利アナーキー』の爆才がおくる「友情・度胸・勝負」の物語!!



【編集担当からのおすすめ情報】
宇宙人の変身、バトルの意外さ、決着の衝撃…どれをとっても”未知との遭遇”間違いなしの漫画です。是非お手にとってみてください!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドラッグとセックスにしか興味ないチャラいギャル男2人組が寄生獣的な宇宙人と闘う。絵も、主人公の性格も、ストーリー(?)も、なにもかも好みではないのに、不思議におもしろかった。

  • 帯の綾小路翔さんの推薦文、納得
    読まなきゃ面白さが判らない、ってのは当たり前だが、この作品に関しちゃ、「確かに読めばわかるな」と肯いてしまう
    しかし、こりゃ、問題作と言われるし、物議も醸すだろうな
    濃厚な画、好きか嫌いかで言えば、嫌いじゃないが、得意とも言い切れない。しかし、この混沌が極まるストーリーには、これ以上ないほど、マッチしていた
    勢い任せで笑わせに来る一方で、時たま、真剣な空気で重く真面目な発言をかまし、読み手に問いかけてくる、「お前は今、自分として生きているか?」と
    表紙や裏表紙のあらすじで、地球侵略を仕掛けてきた、チート過ぎる宇宙人に唯一、大ダメージを与えられる細胞を、ごくごく普通のギャル男だけが有していて、そんな彼らが軽いノリで戦って、地球を救っちゃうみたいな内容を予想していただけに、頭蓋を揺さぶった衝撃は凄まじかった
    ギャル男と宇宙人との決着の付き方も、予想の斜めを行く一方で、吉沢先生らしいオチの付け方だった、と思う
    つまるとこ、私がまだ、この作品を読んでない人に言えるのは一つだ
    いいから読め。読めばわかるさ

全2件中 1 - 2件を表示

ギャル男vs宇宙人 (ビッグコミックス)のその他の作品

吉沢潤一の作品

ツイートする