青い春―松本大洋短編集 (Big spirits comics special)

著者 : 松本大洋
  • 小学館 (1998年12月1日発売)
3.53
  • (120)
  • (153)
  • (398)
  • (20)
  • (2)
  • 本棚登録 :1216
  • レビュー :104
  • Amazon.co.jp ・マンガ (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091857347

青い春―松本大洋短編集 (Big spirits comics special)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 男の子なんて嫌いだ。
    彼らの青春は 青い匂いで眩しくて。

    女の子におすすめしたい。

  • 青春って男の子のためにあるんだな。

  • ・松本大洋は一作も見たことなかった。率直な感想は、漫画なのに酔いそう。
    ・不良たちの青春をテーマにした短編集。人物たちが感情的ではなく冷めてる感じが岡崎京子っぽいというか、この時代っぽいのか。
    ・大体の話のテーマが「死」で、作品自体も青い。物語は個人的に魅力的では無かったが、青春のダラダラした雰囲気が良い。最後の方の「だみだこりゃ」は分かりやすくてすき。私はこれくらいで分かりやすい方がいい。

  • フォルダ分けにもっと自由度があるとなおいい

  • 松本太陽大先生の短編集。ぜんぶいい。

  • 曇天の空が広がる梅雨の放課後、部活の先輩の執拗なイジメに嫌気がさして、公園で慣れない煙を燻らせ、大声で言葉にならない何かを叫んだあの日を思い出しました。

    「どれだけ情熱を燃やそうと、血潮をたぎらせようと、青春とはやはり青いのだと僕は思います」

  • ひたすら漂う虚無感。
    タイプは違えど、
    夢中になることがなかった人や
    あっても達成できないままだった人には
    きっと同じ空気を
    感じていたと思う

  • ああ、ただただ不快。残念なヤンキー君たちの行動もさることながら、彼らの周りの淀んだ空気を通して世界を観ると、バカな大人は益々薄汚く、爽やかなカップルや普通の人々ですら白々しく映る。ここまで汚く世の中を描けるのは、松本大洋ならではか。あとがきまで読んで、読後のストレスを一気に解決でき、清々しい思いだ。

    この短編集の中で、救いの有無という視点、つまりどうしようもない手詰まり感から次に進むことが出来たであろう話が一つだけあった。野球部の話だ。淡々と描いて行く自由は、もちろん本にあるものの、野球部の話、それも短編集の中盤にあるのだが、で一息つくことができたのは、自分が無意識のうちに前向きさを望んでいたということだろうか。

  • 映画を観てから、この原作を読みました。
    不良男子校生たちが危ない橋を渡りまくる短編集。
    ファミレスの話が好きです。

  • 不良たち…
    実際は絶対関わりたくないけど、この本の中の彼らにはなんだか魅力を感じる。
    倦怠感が伝わってくる。
    絵が大好き。
    壁の落書きをひとつひとつ見るのが楽しいです笑
    「ファミリーレストランは…」と「だみだこりゃ」が気に入っています。

全104件中 1 - 10件を表示

青い春―松本大洋短編集 (Big spirits comics special)のその他の作品

松本大洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

青い春―松本大洋短編集 (Big spirits comics special)に関連するまとめ

青い春―松本大洋短編集 (Big spirits comics special)はこんなマンガです

青い春―松本大洋短編集 (Big spirits comics special)を本棚に登録しているひと

ツイートする