黒鉄ボブスレー 1 (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091858481

作品紹介・あらすじ

町工場のものづくり魂、世界に挑む!

東京大田区の町工場「黒井精機」。主人公のテツ(黒井鉄郎)は、社長で父の銀蔵のもと、金属加工の職人をしている。

ある日、“氷上のF1”と呼ばれるボブスレーのソリづくりの依頼がまいこむ。フェラーリ、BMWなど世界のトップメーカーがしのぎを削るウインタースポーツだ。

「金がねえなら技がある。番狂わせは技でやるんだよ」

目指すは世界一金メダル! 同僚で幼なじみの白河、一番弟子のアカネ…
ものづくりに懸けるテツと仲間達の熱き物語が始まる!

『ガギグゲキッコ』の新鋭漫画家が描く汗まみれ極大エンタメ開幕!!


【編集担当からのおすすめ情報】
無骨な本格新鋭漫画家・土屋雄民(つちやかつひと)氏が、丹念に取材を重ね、「メイド・イン・ニッポンの底力」と言われる町工場を舞台に「ものづくり」に懸ける人々の人間ドラマを、時に汗臭く、時に爽やかに描き出します。是非、お手に取ってみてください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「金がねえなら技がある。番狂わせは技でやるんだよ」
    大田区のボブスレープロジェクトがベースの物語。モノを作り出す技術に誇りを感じる言葉が溢れてる。小さくても闘う気概に満ちている。
    んだけど、さて、この状況からどうなるんだろう?明らかに金が無いあたりが、『下町ロケット』よりも厳しそうで、期待と不安が半々ではある。

  • おもろかった。調達がこのマンガに出てくるようなヤツらやったらぶん殴って大缶に放り込んでやるね。何にせよ早くボブスレー作れや~。

全2件中 1 - 2件を表示

土屋雄民の作品

ツイートする
×