シュトヘル (9) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

著者 :
  • 小学館
4.02
  • (29)
  • (49)
  • (25)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 460
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091861191

作品紹介・あらすじ

絶望の時代に見つけた、たったひとつの光

西夏侵攻により勢いをつけた蒙古軍は
隣国・金国への攻勢を強め、
金軍首府防衛の要・居庸関に集結し始めていた。

蒙古の皇子・ナランによって
玉音同の半分と共に攫われたユルール。

シュトヘルは「人送り屋」の助けを借り
蒙金両軍の決戦の地・居庸関を
目指そうとするが・・・・・・・・・!?




【編集担当からのおすすめ情報】
ユルールと生き直すと決めたシュトヘルに
つきまとう「悪霊」としての過去。
蒙金戦争が激化する中、捕らわれたユルールを救えるのか!?

『読売新聞』『朝日新聞』ほか
各紙誌絶賛ヒストリカルコミック!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 快楽殺人なんて殆どないのです。
    天下太平という理想のため、敵討ちのため、愛しい人を守るため。あらゆる大義名分を掲げ、感覚が麻痺するぐらい人は人を殺す。
    ユルールと共に生きたいという想いがシュトヘルの復讐の呪いを解きました。飢えたように殺戮することは無くなった。でもユルールを守るためなら、何の迷いも無く人を殺せる。
    もしユルールが誰かに殺されたら、その誰かを国を世の中を呪わずにいられるのでしょうか?
    殺し合いの連鎖を断ち切ることはできるのか…?

  • ユルールは愛情だと思うんだけれど、シュトヘルのあれは愛なんだろうか。命への執着と同等なくらいの、いっそ神に対する崇拝に近いんじゃなかろうか。ユルールを仰ぎ見て、祈るように信じてる、(盲目的に)信じてる。

  • 繝翫Λ繝ウ縺ォ謐輔i縺医i繧後◆繝ヲ繝ォ繝シ繝ォ縺?縺」縺溘′縲∫脂髻ウ蜷後→縺ィ繧ゅ↓騾?£繧区ゥ滉シ壹r縺?°縺後▲縺ヲ縺?◆縲ゆク?譁ケ縲√Θ繝ォ繝シ繝ォ繧定ヲ句、ア縺」縺溘す繝・繝医?繝ォ縺溘■縺ッ驥代?諡?轤ケ縺ァ縺ゅk螻?コク髢「繧堤岼謖?☆縺後?∝スシ繧峨?繧ゅ→縺ォ繧キ繝・繝医?繝ォ縺梧ョコ縺励◆蜈オ螢ォ縺ョ隕ェ鬘樒ク∬??◆縺。縺瑚ソォ繧九?ょスシ繧峨?閼ア襍ー蜈オ縺ァ縺ゅj縲√Δ繝ウ繧エ繝ォ蜈オ縺ォ隕九▽縺九l縺ー谿コ縺輔l繧矩°蜻ス縺?縺後?√◎繧後〒繧よ→縺ソ譁ュ縺。縺後◆縺上す繝・繝医?繝ォ繧定ソス縺」縺ヲ縺阪◆縲ゅ→縺?→縺?リ繝ゥ繝ウ縺ィ繧キ繝・繝医?繝ォ縺碁b騾?@縺溘?

  • 主にシュトヘルの因縁で一冊。そろそろ虎不足です!

  • 1〜9巻までまとめ買いしてまとめ読みしたよ。
    旅が全然目的地に進んでない!
    だいたい戻ってる!
    王道側の物語ではなく逃げてるから仕方ないけど巻き込まれ展開しかないというのがもどかしい。
    ユルールとシュトヘルは幸せになってほしいなあ。
    設定はヴェロニカが権力持ち過ぎなのが気になる。技術と寵愛があるとはいえ指揮権はないだろ。。

  • 憎悪の連鎖。

    読後、よくよく思えば大して展開が進んでいない気がした。
    が、しかし。読んでいる最中は、それが気にならないくらい読み応えがあった。

    単純に言えば面白かった。
    大局、というより内なる戦いといった感じで。

    いよいよ役者が集約されていく。
    今後の展開が楽しみだ。

  • アジアを席巻するモンゴルの嵐。
    向かうところ敵なしのモンゴルに、乾坤一擲の一撃を与えることの出来るのが、玉音同。
    ユルールは、その事実を知ってるんだっけ?

    ナランはその危険性を理解している唯一のモンゴルの人間。ヴェロニカも知っているんだっけ・
    ただ、彼女の目的は不透明なので。所属がモンゴルというだけ?

    とにかく居庸関の戦いで、事態は動くはずです。戦いの混乱の中で、玉音同を巡る個人の思惑が動き出すんでしょう。

  • ユルールを追いかけるシュトヘルがカワイイというかいじらしい。ユルールも少年から青年に足を突っこみかけたくらいで成長著しくてカッコイイ。二人が出会う直前、決戦が開始されるところで次巻へ続く。待ち遠しいです。

  • 蒙古の皇子・ナランによって、玉音同の半分と共に攫われたユルール。
    シュトヘルは「人送り屋」の助けを借りて、蒙金両軍の決戦の地・居庸関を目指そうとするが…。

    ユルールがナランと居ると表情崩れるのが面白い(笑)
    普段シュトヘルの前で見せるキリッとしたクールな感じがなくなって、シュトヘルのことを聞かれて年相応な反応を返すのに思わずニヤニヤ。
    こりゃもしかしたら再会した時に二人の関係が進展するかもしれませんなぁ!

    一方シュトヘルの方は「復讐される側」になってしまったわけですが、返り討ちにせずに相手に対して「誰かに出会え」って返すなんて…!
    ユルールと出会って彼女自身がほんとに救われたんだなぁとしみじみ思いました。考え方めっちゃ変わってますよ!人生も!
    彼には生きて、シュトヘルのように生き直させてくれる人に出会ってほしかったですが…ナラン、やってくれたよ…。
    しかもこれからまたひと波乱ありそうな予感。

  • メルミの冷静な一言が面白かった。
    負の連鎖を断ち切りたいシュトヘル。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

伊藤悠(いとう ゆう)
1977年、東京都生まれの漫画家。女性。夫はイラストレーター・漫画家の前嶋重機。代表作に『シュトヘル』。
大正大学出身。1999年『ウルトラジャンプ』27号第1回ウルトラコンペに入選し、29号掲載の「影猫」でデビュー。連載デビュー作は「面影丸」。短期連載や読み切りをいくつか執筆したのち、佐藤大輔原作『皇国の守護者』連載が人気を博し、2006年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推奨作品に。しかし諸般の事情により物語の完結前に連載終了。2008年から『シュトヘル』を連載し、2012年第16回手塚治虫文化賞新生賞を受賞。

伊藤悠の作品

シュトヘル (9) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×