MOONLIGHT MILE (7) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.91
  • (23)
  • (16)
  • (29)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 249
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091862570

作品紹介・あらすじ

▼第54話/天空の守護者4▼第55話/天空の守護者5▼第56話/天空の守護者6▼第57話/天空の守護者7▼第58話/モデルロケット・ボーイズ1▼第59話/モデルロケット・ボーイズ2▼第60話/モデルロケット・ボーイズ3▼第61話/独走1▼第62話/独走2●主な登場人物/猿渡吾郎(元・学生登山家。NASA公募に受かり、現在は国際宇宙ステーションのクルー)、ロストマン(吾郎の登山家時代の相棒。アメリカ人。現在NASAのシャトルパイロット)、澤村耕介(NASDAからNASAのビルディングスペシャリスト養成課程に参加。STS256クルーとして宇宙へと旅立ち、ISSに赴任)●あらすじ/ISS(国際宇宙ステーション)に巨大デブリ群が衝突!! ボブたち数人のクルーが、機能停止状態となった司令室に閉じこめられてしまう。この緊急事態に耕介は…!?(第54話)●本巻の特徴/司令室に閉じこめられたクルー救出の任務に挑む耕介。吾郎たちのサポートの下、人間の動きを完璧に再現するというロボット“ガーディアン”を操縦して作業に当たる。だが、人間の能力を超えた体力、精神力を要求する操作は、彼の意識を失わせようとしていた…。●その他の登場人物/池田理代子(NASDAの外渉部課長。かつて吾郎を失脚させようとした時もあったが、現在は恋人に)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 何と闘うにしても結局、自分との闘いなのだなと。不屈の登場人物達に泣いた。宇宙進出SFもので、リアルと未来を想像しながら読めるところにもスリルがある。

  • 整理ついでに久々に発掘したので登録。

  • 未来感が満載になってきた。月面基地いつ作った?

  • 表舞台に帰ってきたロストマン。しかしその裏には軍の秘密が隠されている。どんどん進化していく科学技術が、どう使われていくか?軍と民間の一見正反対に思われるモノが、表裏一体なモノと改めて知らされる。今後の巻のストーリーに影響する前フリ的な巻かも。

  • 【所有】

全7件中 1 - 7件を表示

太田垣康男の作品

ツイートする
×