シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

著者 :
  • 小学館
4.15
  • (25)
  • (28)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 316
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091864994

作品紹介・あらすじ

ユルール、大ハンと遂に対峙か!?

金国の首都防衛の要・居庸関へ、最新の武器をもって侵攻を始める蒙古軍。

戦いの火ぶたが切られた戦場の片隅に、蒙古にすべてを奪われた英雄・虎のハラバルが出現、かつて敵同士であったシュトヘルと出会うが、ともに大ハンの首を狙うことで、ある種の結託をする。

父親殺しを図る蒙古の王子・ナラン。ユルールはナランから大ハンの背中にもつ瑕、西夏文字の秘密を聞くも、文字のもつ未来、可能性を伝えるために、あえて大ハンに対峙することを決意するが・・・・・


【編集担当からのおすすめ情報】
蒙古に全てを奪われた虎のハルバル。ユルールのために大ハンを狙うシュトヘル。呉越同舟たる関係の二人の対話、実にシビれるものがあります!

蒙古の王子・ナランの計略にユルール、シュトヘル、トルイ、そして大ハンまで巻き込まれていきますが・・・・・・まさに大舞台に役者がそろう過程を描く第10集は、必見ですよ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 皇子ナランと話すうちに、大ハンと会うことを決意したユルール。
    彼の口からそのことを告げられたシュトヘルは、ユルールのために動き出す。
    しかし、そんな彼女の前に現れたのは、かつての宿敵ハラバルだった。

    ナランの策士っぷりがすごい。
    ユルール・シュトヘル・ハラバルが彼の手の上で見事に踊らされとるわ…!
    しかも最後に全部自分が壊すつもりだし。恐ろしい。
    全てが彼の思い通りに動き始めていることに、ちょっと戦慄しました。

    しかしその一方で、ハラバルとシュトヘルがまさかの共闘! 嬉しい!(笑)
    ハラバルがあんなに声を上げて笑うなんて……今まであったっけ?
    この二人が組めば最強!とも思いますが、大ハンが怖すぎるのでちょっと心配です。

    みんなが大ハンの元へ集まり始めているので、これからどうなるのか楽しみです。
    まさか西夏文字がここまで大きな意味を持っていると思いませんでした。

  • すごく緊張する展開になってきた、どうなるのかさっぱり読めないけど、ナランの企み通りにはいかないんだろうなぁ。

  • 収束して、終息するんだろうか。。
    大ハンとあうユルール。
    文字の力。口碑口伝ではない、文字の伝搬力。
    等しさの力。暴力。
    はたして。

  • いつもいいところで続き…。

  • 盛り上がってきたああああああ
    あんなところで次巻つらい

  • ナランが策士過ぎて怖いわぁって思ったけど、
    ナラン視点から見るとユルールのゆるぎない考えと無謀さの方が怖くなってくる。
    と言うかナランの考え方の方がまともと言うか。

    ちょいとシリアス過ぎるので
    もうちょっと伊藤悠さんっぽいゆるさ欲しい。
    でも次巻はもっとシリアルだよね?
    巻末でのはっちゃけ期待してます。

  • あっちにもこっちにも死亡フラグ立ってる。次巻が怖いなあ。

  • 巻末トルイの内面吐露があんまりにあんまりで良い。

全11件中 1 - 10件を表示

シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)のその他の作品

伊藤悠の作品

シュトヘル 10 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)を本棚に登録しているひと

ツイートする