デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)

著者 : 浅野いにお
  • 小学館 (2014年9月30日発売)
3.95
  • (66)
  • (102)
  • (60)
  • (9)
  • (0)
  • 本棚登録 :931
  • レビュー :71
  • Amazon.co.jp ・マンガ (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091865007

作品紹介・あらすじ

浅野いにお最新作。少女のデストピア青春譜

3年前の8月31日。
突如 『侵略者』の巨大な『母艦』が東京へ舞い降り、
この世界は終わりを迎えるかにみえた――

その後、絶望は日常へと溶け込んでゆき、
大きな円盤が空に浮かぶ世界は
今日も変わらず廻り続ける。

小山門出(こやまかどで)、
中川凰蘭(なかがわおうらん)、
2人の女子高生は
終わりを迎えなかった世界で
青春時代を通行中!

『ソラニン』『おやすみプンプン』の
浅野いにお最新作!
2人の少女のデストピア青春日常譜、開幕。

【編集担当からのおすすめ情報】
夢見る女の子。ぶっ壊れてる女の子。
四次元ポシェット。トランジスタラジオ。
放課後の寄り道。大人げないお母さん。
戦争ゲーム。イケメンデブのお兄ちゃん。
たわいないおしゃべり。泡のような初恋。
空を覆う絶望。永遠の8月31日。

ゼロ世代最高峰の青春漫画家が到達した新境地!
これまでの"浅野いにおワールド"とは
まったく違う新世界をお楽しみください!

ゼロ世代最高峰の青春漫画家
浅野いにおが到達した新境地!

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 浅野いにおがくそやばい!!!!

  • 十年代における『気分はもう戦争』『あ・じゃ・ぱん』的な作品なんじゃないだろうか。ずっと浮かんでいるあれは、目に見えないものは、そういう浅野いにお的なシニカルさとメタファーをひきつれて。

  • なかなかシュールで面白い。まだ一巻しか読んでないけど、東日本大震災とメッセージという映画が混ざったような舞台で、女子高生の日常が描かれるというギャップが面白い。

  • インパクトのある表紙がずっと気になっていたんだけど、書店で全巻面陳されているのを見かけて1巻と2巻をついつい買ってしまった。いやー面白かった。
    非日常な状況はずなのに、主要登場人物の周りでは今と変わらない日常風景が展開されるシュールさが面白い。緻密な背景と漫画的な人物描写の対比も面白い。

  • 日常と非日常がすごいな、情報量多すぎてキツいけど続き読みたくなるな

  • 一見日常、実は設定が非日常! という独特な作品。
    デストラクションって意味は、破壊とか(大量)殺人、破滅の原因って意味らしいですが、じわじわと崩れていく日常…という意味なのかなあ。
    まだまだ、これから、いろいろある。そんな印象を受けました。

  • おんたん。

  • 希望と絶望が混在する中で、今を生きる女子高生に焦点を当てたお話。
    浅野いにおらしく、これが1巻なの?!と思うくらい説明がないまま、どんどん日々が過ぎていく感じ。絵の描きこみ方は相変わらずスゴイ!JKかわええ!おんたんポンプ履いててオシャレやな!
    一つ気になったことと言えば、やっぱり、世の中を皮肉っているところとかが、ほれほれ!サブカル系読者どもよ!こういうの好きじゃろ??みたいな押し付け感があるなぁ。まぁ、浅野いにお節といえばそうなのだろう。
    これからの期待を込めて、★4つ。

  • かわいい顔したキャラだけど狂気を感じる。モブキャラの無表情が怖い。

  • 浅野さんの作品。
    どこかで見覚えのある設定なんだけど、どこだが全く思い出せない。。
    人間の闇という感じの作品ではなく、完全にSF(もしくは現代の東京、原発事故の暗喩かもしれない)ので、少し楽に読める。

全71件中 1 - 10件を表示

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)のその他の作品

浅野いにおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする