らせんの迷宮ー遺伝子捜査ー (1) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.83
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 17
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091865762

作品紹介・あらすじ

未解決事件を解明…DNAという鍵を手に!

只の堅物か、それとも天才科学者か。

数億桁の遺伝子配列を記憶するという男、神保仁。聖ヘリックス医科大学准教授の肩書きを持つこの男が、熱血刑事・安堂、科捜研の美女・乱原とともに、未解決事件のパズルを解き明かす!!

お蔵入りした怪事件の謎が、時を経て、今白日の下に--!!

【編集担当からのおすすめ情報】
ビッグコミック増刊号で人気を誇る、科学捜査漫画『らせんの迷宮 遺伝子捜査』は、最先端捜査の現場をかいまみさせてくれる、ありそうでなかった刑事ドラマです。科学捜査絶対主義ではなく、熱血漢・安堂刑事の、”刑事の勘”もいいスパイスとなっています。

原作は、人気ドラマ原作『獣医ドリトル』の夏緑氏。菊田洋之氏の美しく迫力十分の作画が、物語を支えます。

科学のあり方、信憑性が問われる今、ぜひ読んでいただきたい作品です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『DNAは嘘をつかない』
    毎回の神保准教授のセリフが決まります。

    何と32億個のDNA塩基配列を記憶すると言う天才科学者・神保准教授。
    そして、頭より足という熱血刑事・安堂源次、科捜研の美人研究員・乱原流奈の2人を巻き込み、未解決事件の謎に迫る。

    彼女のハンカチに付いていた、別のDNAの人物とは?
    DNA無しで、DNA鑑定を行う方法とは?
    後から混じったDNAとは?
    DNAと血液型の関係は?
    DNAは変わらないはずなのに、同じ人物で、若い時と今のDNAを区別出来るのか?
    一卵性双生児で、DNAが全く同じ2人の女子高生のうち、容疑者を特定出来るのか?
    新しいDNA鑑定方法より、古いDNA鑑定方法の方が良いとは?
    などなど

    DNA鑑定にも、いろいろあるんですね。

  • 『らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~』
    テレビ東京/毎週金曜放送
    2021年10月15日から

  • 学習マンガに特化した方が良いかな、説明が長すぎ

  • らせんの迷宮ー遺伝子捜査ー1(ビックコミックス)
    著作者:夏緑
    小学舘
    タイムライン
    http://booklog.jp/timeline/users/collabo39698

  • 面白かったー。キャストのイメージはちがうけど、ドラマも楽しみ。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

京都大学大学院理学研究科博士課程修了。日本分子生物学会会員、宇宙作家クラブ会員。作品に『改訂版 遺伝子・DNAのすべて』『子どものための防災BOOK 』『火山列島・日本で生きぬくための30章 』(以上、童心社)『ポケット図解 ウイルスと微生物がよ~くわかる本』(秀和システム)漫画原作『しっぽの声』『獣医ドリトル』共に小学館)など多数ある。

「2021年 『子どものための感染症予防BOOK』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夏緑の作品

ツイートする
×