水木しげるの泉鏡花伝 (ビッグコミックススペシャル)

制作 : 北國新聞社 
  • 小学館
4.11
  • (5)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091868473

作品紹介・あらすじ

水木しげるが描く泉鏡花の生涯とその世界

異界を描いてきた二人の作家の不思議な出会い。お化け好きで妖怪漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の作者・水木サンが、同じくお化け好きで金沢が生んだ美と幻想の文豪・泉鏡花の生涯とその世界を、独特のタッチで描写します。山奥で妖艶な女に出会う旅僧の不可思議な体験を描いた代表作「高野聖」、良家の令嬢に片思いした男が死後、その女性がかわいがる猫に乗り移って襲いかかるという明治28年に北國新聞に連載された「黒猫」の怪異で幻想的な2作品を劇中漫画として収録。監修は、金沢学院大学学長・泉鏡花記念館館長/秋山稔。巻末寄稿に、角田光代。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 水木サンが鏡花を。こんなに相応しい組み合わせ。
    鏡花の生涯、作中作として「黒猫」「高野聖」を漫画家。
    決して派手さはないが堅実な漫画化。
    角田光代の文に納得。確かに百年前の金沢の風景こそ、絵で見ることができてよかった。

  • すごい。ひたすら感服。泉鏡花の人生を水木サンが漫画化した、というより水木VS鏡花のこの世ならざる者を愛でた猛者二人のガチンコ勝負とお見受け致しました。両雄一歩も譲らず。鏡花の人生のほか「黒猫」「高野聖」も漫画になっております。水木サン流のユーモアで血の通った鏡花を堪能出来ます。半笑いで読んでいたらラスト辺りちょっと泣いてしまいました。狂ったような点描入り乱れる緻密な作画が凄まじく惚れ惚れします。ねずみ男と河童の三平も何故か登場。水木サンは今頃あちらで鏡花や柳田國男と妖怪話に花を咲かせていることでしょう。

  • われらが大先生、泉鏡花。
    地方の一文豪と侮ることなかれ、
    近代文学の文壇で独特の地位を築き、
    芥川にも影響を与えた偉大な人なのです。
    知りたまえ、生徒諸君。

  • 昨年購入。読んでる最中に水木氏の訃報。水木しげる版雨月物語と並んで泉鏡花物語の2冊は私の宝物です。

  • 最近泉鏡花に興味を持ったところで、この本を見つけました。水木さんの本では『遠野物語』が面白かったので迷わず購入。泉鏡花の人生が分かりやすく、また「黒猫」、「高野聖」の二作品も読めて、これから他の作品も読んでみようと思うようになりました。水木さんの絵はこういう異世界を描いた話にはよく合いますね。圧倒的な画力といいますか、ほんとすごいです。

  • 泉鏡花の半生と、泉鏡花の作品2つを、水木しげるが漫画化。これはいい。泉鏡花ファンの父も認めるおもしろさです。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

水木しげる(みずき しげる)
1922年3月8日 - 2015年11月30日
大阪で生まれ、鳥取県境港市で育つ。従軍経験で左腕を失いながらも生還。終戦後より紙芝居、貸本漫画などを執筆。1964年に『ガロ』にて商業誌デビュー。2007年、『のんのんばあとオレ』によりフランス・アングレーム国際漫画祭で日本人初の最優秀作品賞を受賞。2010年、文化功労者に選出される。代表作に『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』『劇画ヒットラー』『総員玉砕せよ!』『のんのんばあとオレ』『日本妖怪大全』など。

水木しげるの作品

水木しげるの泉鏡花伝 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする