闇金ウシジマくん 1 (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.74
  • (156)
  • (222)
  • (263)
  • (28)
  • (5)
本棚登録 : 1719
レビュー : 233
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091873415

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • めちゃくちゃ怖い。でも引きずり込まれる。

  • 青年漫画/犯罪・経済
    17.08.10 40巻up

    1-40巻 続

  • おもしろいと思う
    でもダメすぎ人間がいっぱい登場しすぎて鬱になるw
    闇金マンガだから仕方ないんだろうけど

    読み終わったあと爽快感がないので星2こ
    内容はおもしろいから好きな人は好きだと思う

  • 言わずと知れたベストセラー。読了後の虚脱感がハンパない。電子書籍版で読んだので眼が疲れたが、空気銃で眼を射抜かれるほどではない。

  • ずっと気になっていたのですが、佐々木俊尚さんのインタビュー http://booklog.jp/interview/sasaki_toshinao/page2.html を一年ぶりに読みなおして読んでみました。

    “マンガも読みますよ。一番感銘を受けたのは『闇金ウシジマくん』です。
    以前ブログでも取り上げたのですが、格差社会を的確に描いている作品だと思います。今、ノンフィクションやドキュメンタリーの世界では、マイノリティの話が多く、マジョリティたちの社会の中心そのものに亀裂が走っていることにクローズアップして描くことはすごく減っています。そこをこのマンガは的確に描いているところが面白いなと思います。”

  • 闇金業界とそこでお金を借りた人の話し。

    本当にエグい。
    ギャンブルと女に嵌るとたいてい終わる。

    丑嶋の自宅とのギャップがいいなー

  • 漫画喫茶でこの前に感想書いた「花のズボラ飯」が(読むのに時間かかった割りに)相性良くなかったので、こちらを読んだら心が洗われましたw。
    続きを早く読みたい!

  • 忘れつつある闇の社会の存在、非情かつ義理人情の社会を思い出す

  • なぜか知らんが、本屋で漫画コーナーにいたら、惹かれるものがあって、購入してしまった。しかも新品でねw

    ウシジマ社長は若いのに、頭が切れるし、凄みがある。
    実際に俺よりも年下かよってところびっくりしたけどもw


    闇金をやっていくのはスゲー大変な事なんだなって思った。
    ブラックリストがついてる債務者から取り立てるのは至難の業だし、警察からも目をつけられる、実際悪いのは借りた金を返さない債務者なんだろうけど、闇金が悪いみたいになるし。


    実際お金は自分で管理して、見栄を張ったらいかんなって1巻を読んでて思いました。

  • シンユーであるY君が、「えっ? ウシジマくんとか読まんの??」とのたまわれたので
    つまらんかったら酷評しようかと思って読んでみたらコレ、大当たり。
    今年読んだマンガでは、暫定ベスト1である。

    青年誌にありがちな「裏稼業系」マンガであり、読み味としては「誰も救われない『笑ゥせぇるすまん』系」。
    主人公が闇金を営んでおり、お客さんにまつわる何とも悲惨なエピソードを描いています。

    登場人物のダメっぷり、クズっぷりがなかなか突き抜けてるんだけど、「あーこんな人いる!」って妙に納得感がある。
    その辺のバランスの絶妙さがいいんだと思う。
    読んだ後は「何だかなー」という脱力感に襲われるのは間違いないので、注意は必要。

    ちなみに、一番好きなのは「スーパータクシーくん」編。
    ラストの引きとかもう終わってる。

全233件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

漫画家。神奈川県出身。1998年、『憂鬱滑り台』で「アフタヌーン」(講談社)四季賞夏のコンテスト四季大賞を受賞、同誌同年9月号に掲載され商業誌デビュー。2011年、『闇金ウシジマくん』(小学館)で第56回小学館漫画賞一般向け部門を受賞。その他著書に『スマグラー』『THE END』(講談社)などがある。

「2017年 『THE END クライマックス編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

闇金ウシジマくん 1 (ビッグコミックス)のその他の作品

真鍋昌平の作品

ツイートする