闇金ウシジマくん (3) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.48
  • (21)
  • (52)
  • (105)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 667
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・マンガ (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091873439

作品紹介・あらすじ

▼第17話/ヤンキーくんPart.2(6)▼第18話/ヤンキーくんPart.2(7)▼第19話/ヤンキーくんPart.2(8)▼第20話/ヤンキーくんPart.2(9)▼第21話/ヤンキーくんPart.2(10)▼第22話/ヤンキーくんPart.2(11)▼第23話/ヤンキーくんPart.2(12)▼第24話/ゲイくん(1)▼第25話/ゲイくん(2)▼第26話/ゲイくん(3)●主な登場人物/丑嶋(闇金「カウカウファイナンス」社長、23歳)●あらすじ/愛沢から再び200万を恐喝されたマサルは、殺されかかったところを先輩の高田に助けられる。一方、マサルから金を奪うことに失敗した愛沢は、今度は丑嶋に狙いを付けて事務所への張り込みを開始した。そして翌朝、スタンガンやスラッパーで武装した愛沢一味が、事務所から出てきたマサルたちに背後から迫る…!!(第17~18話)●本巻の特徴/丑嶋の売上金をめぐる愛沢、滑皮との三つ巴の戦いがついに完結! 後半からは、ゲイの顧客・ジャニヲタへの新たな取り立てがスタート!!●その他の登場人物/マサル(中卒ニート。愛沢のバイクを大破させ、200万の借金を強要されたのをきっかけに、丑嶋の下で働くことに)、高田(「カウカウファイナンス」の従業員。マサルの教育係)、愛沢(暴走族「愛沢連合」のヘッド)、滑皮(暴力団の幹部候補。愛沢から200万円強請り取ろうとしている) 、ジャニヲタ(丑嶋の客。丑嶋たちに電話で怒鳴ってもらうのが好きな、ジャニーズおたくのゲイ。36歳)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2005年といえば丁度、グットウィルなんかの日雇い派遣が流行ってた頃で、この巻でもゲイくんの登場人物が日雇い派遣に行っている。
    そこでの会話に驚いた。実際にあの頃の日雇い派遣の現場には、怪しい商法で金持ちになると息巻いている奴や、昔は稼ぎが良かったと過去に縋っているおっさんが存在していたのだ。
    細かいところまでリアルに仕上げてあり凄い漫画だと思った。

  • 多分、どこにでもあるゲイの日常…凄く現実味があり、リアルだった。

  • 読了。
    暴力描写多め。
    私はウシジマくんから卒業です。

  • ヤンキーくん完結。
    なんというか、あっけない結果だな……。
    マサルの機転が全てを終わらせてしまった。そして覚醒。
    愛沢とのやりとりが一番のキモ。なかなか面白い。

  • 救いのない貧困の中で生きてる人への観察眼がすごい。こんな作品だったとは。もっと早く読めばよかった。

  • プリンぽい! よっちゃんイカの百倍目にしみる‼︎ サパークラブ 弁護士報酬の取り立て 海老で鯛が釣れなきゃ広告費なンて出さねーっつーの! 自分の範囲だけでコトが済む時代は終わった…すぐ近くで誰かがお前らを狙っているぜ‼︎ 裏稼業の人間は、誰も守っちゃくれねェ…すべて、自己責任だ。 カレーを食った人間には俺の気持ちは分からない モモチされてホロホロする感じ。 やってやるぜ愛沢‼︎未来は俺の手の中だ‼︎ とるます バカラの軍資金 ベントレー 生命保険かけて車にダイブだよ! 俺は慰めの言葉を知らねーンだ 頭めがけて金属バットをフルスイング 嫌がらせ! 可愛いものしりとり はい!罰ゲームタバスコ100%イッキ飲み! 爆乳専門店焼豚B2 モンモン大将 ジャニヲタ 若くて美しい時期なんて、人生のうちほんのちょっとよ!年食って醜い時期に耐えるにはちょーどイイスピードよ! だからさ、30歳超えるとみんなジム行って必死で若作りするのよ。 ユーミン アユ 意固地! B'zの稲葉に抱かれたい マリブ マイヤーズ 私も報われなかった生き甲斐を子供に押し付けて、生きる意味を見つけるわ♡ 光GENJI 世界で一番不幸な人 背骨しかない巨大魚 ノンケ男性愛者 公団に入りたいけど、結婚か婚約してないと入れない 36歳のパラサイトシングルのニートのゲイちゃん。最低ね。 ガーラスのォー10代ィ♪ 当時さまんさはモデル事務所に登録してたり小説や絵をよく書いていた。優しくされると泣いちゃうの

  • やさしくされると泣いちゃうの。

  • 3~5巻ツタヤにてレンタル
    ヤンキーくんゲイくんギャル男くんフーゾクくん
    ゲイくんはちょっといい話(?)

  • オチがすごく恐ろしい。
    柄崎さんと加納さんが会話なくとも一緒にいるところに笑ってしまう。

  • うーん怖い。そしてなにより落ち込む内容

全35件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。神奈川県出身。1998年、『憂鬱滑り台』で「アフタヌーン」(講談社)四季賞夏のコンテスト四季大賞を受賞、同誌同年9月号に掲載され商業誌デビュー。2011年、『闇金ウシジマくん』(小学館)で第56回小学館漫画賞一般向け部門を受賞。その他著書に『スマグラー』『THE END』(講談社)などがある。

「2017年 『THE END クライマックス編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

闇金ウシジマくん (3) (ビッグコミックス)のその他の作品

真鍋昌平の作品

闇金ウシジマくん (3) (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする