響~小説家になる方法~ (3) (BIG COMIC SUPERIOR)

著者 :
  • 小学館
3.85
  • (29)
  • (43)
  • (23)
  • (3)
  • (5)
本棚登録 : 416
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091873682

作品紹介・あらすじ

猟奇的で目が離せないヒロイン!!

響が新人賞に投稿した小説は、
それを読んだ審査員の人生観を変えてゆく。
その圧倒的な才能に惚れ込んだ文芸編集者の花井は、
編集部で、響とはじめて打ち合わせをする。
響のことなら、なんでも知りたい花井。
しかし天才少女は、
自分の尺度と現実とのギャップを埋められず、
発する言葉も行動も
予測が不能。
響の目にこの世の中は一体どう映っているのか。
花井は響に当惑するほどに、
響とは何かをますます知りたくなる。

【編集担当からのおすすめ情報】
『このマンガがすごい!2016』オトコ編 第12位。
芥川賞作家の西村賢太氏も推薦の大人気コミックです。
天才少女の響は、何をするかわからないけど、そこが可愛い。
普通の顔だけど、そこも可愛い。
この猟奇的ヒロインは、目が離せません。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 異世界チートに沿った展開、かと思いきや何故か恋愛少々

  • ワクワク

  • もともと小説家が出る作品は好きですが、主人公の奇天烈な行動と、かっこいい姿が好きで続きが気になります。

  • え? ゴスロリで授賞式に出るんですか?

  • 別記

  • 桔梗先生が聖人すぎ。
    自分は同じ境遇で逆の言動や心理状態にいくほうなので、他人との距離の取り方とかが勉強になった。
    そしてすごくかわいい。

  • 主人公の響は、身長も低く、華奢なのに、やはり今回も不良相手に喧嘩をしようとしている。怖いもの知らずにも程があるな(笑)

  • 今回は、海で砂に埋まって本を読んでいる響が。
    木蓮新人賞如きは当然のように受賞。全く喜ぶ様子もなく「通った」「うん」で終わり。次は芥川賞か。

  •  主人公が審査員の男性作家の作品をクソミソに言うところが面白かった。

  • なんかもう、涼太郎すごいな。

全34件中 1 - 10件を表示

響~小説家になる方法~ (3) (BIG COMIC SUPERIOR)のその他の作品

柳本光晴の作品

響~小説家になる方法~ (3) (BIG COMIC SUPERIOR)を本棚に登録しているひと

ツイートする