PLUTO (1) (ビッグコミックス)

著者 :
制作 : 手塚 治虫  長崎 尚志 
  • 小学館 (2004年9月30日発売)
3.73
  • (674)
  • (554)
  • (1271)
  • (37)
  • (8)
本棚登録 : 4341
レビュー : 574
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091874313

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロビーの死を聞く旧式ロボットの奥さん。「もう戦場には行きたくないから・・」とピアノに触れるノース2号。人間よりも、ある意味人間らしいロボットたち。泣く。泣ける。

  • 帰っておいで、練習の時間だよ。

    ロボットだから戦場に行っていいわけないよね。
    なら、感情なんて入れないで、ほしい。

  • 手塚治虫の『鉄腕アトム』「地上最大のロボット」の原作を知っている人なら、浦沢直樹の「ロボット」や未来都市のリアリティある描かれ方に衝撃を受けるでしょう。
    原作での結末もまたどんでん返しのもので、読者に近代社会に対する問いかけを与えるものでしたが、
    ゲジヒト警部を主人公にした、こちらの「PLUTO」も、独自の浦沢ワールドを確立した、深い謎につつまれた「新作」として私たちを引き込んでくれるでしょう。
    「ツノ」はやはりプルートウのものだと分かるのですが、それを浦沢がどう料理していくかが楽しみです。

    「アトム」と違った、ロボットの「人間味」が伝わってきます。
    「モンブラン」よりも、盲目の音楽家と心を通わせようとした、「ノース2号」のエピソードは悲しかった。

    やっと心を通じ合えたと思ったときに、ノース二号は、破壊兵器となり、そして破壊される・・・。

    「大気いっぱいに・・・・あの曲が・・・・
    ノース2号が歌っている・・・・」
    「そんな所で歌ってないで早くかえっておいで。ピアノの練習の時間だよ」

  • 全巻読破。
    久しぶりの浦沢直樹、最高だった!
    ただ最後が微妙に難しくてよくわからなかったかな。

    20世紀少年のような、MONSTERのような。
    好きです。

  • うらさわなおきの話は引き込まれてしまうなー、一気に読んでしまう。
    ただ今回は20世紀少年に比べると、巻数が少なめなので、無理やりまとめてしまったように感じられて少し物足りません。
    未解決の部分も結構あるので、解説サイトを読まないといかんな、といった状況です。
    話としては面白かったです。

  • ちょうどよくまとまっている。
    手塚治虫へのオマージュ作品。
    おもしろくてハイスピードかつノンストップで読めます!

    いちばん心に残るのはノース2号…!

  • 全巻読了。漫画の神様・手塚治虫の初期の名作『鉄腕アトム地上最大のロボット』をロボット刑事ゲジヒトの視線でリメイクした作品です。近未来、優秀なロボットばかりを破壊する事件が発生。破壊されたロボットたちの頭部には、決まって何故か二本の角が突き立てられていた。それと平行して同時期に次々と起こる殺人事件。被害者の頭部にはまたもや奇妙な二本の角が…。いったい犯人は誰なのかといったSFサスペンスです。作品全体に流れるトーンは『切なさ』や『悲しみ』。アトムやウランも脇役で登場しますよ。中でもノース2号編には号泣必至!

    • 円軌道の外さん

      まろんさん、こんばんは!
      丁寧なコメントと
      お気に入りマーク
      いつもありがとうございます(^O^)

      ノース2号に
      共感し...

      まろんさん、こんばんは!
      丁寧なコメントと
      お気に入りマーク
      いつもありがとうございます(^O^)

      ノース2号に
      共感してもらえる人がいて
      ホンマ嬉しいです(泣)

      手塚先生は勿論だけど、
      浦沢さんの描く漫画も
      どんなに科学が進んで便利な世の中になったって、
      失くしてはいけないものをいつも描いていて
      胸打たれるんですよね(≧∇≦)

      浦沢さんなら
      ハリウッドで映画化されると噂の
      『Monster』がオススメです。
      (サスペンスホラーなのでテイストは違うけど、人間を描いている部分はブレはありません)


      あはは(笑)
      コメントは遠慮なく
      書きたい時に
      書きたいだけ書いてもらって大丈夫ですよ(^_^)v

      せっかく人と繋がれる場所で
      レビューを公開しているので、
      他の人は
      自分が好きな作品を
      どう思ってるのかも気になるし、

      自分も他の人のレビューに
      好きにコメント書かせてもらってるんで(笑)

      気にせず
      じゃんじゃん書いちゃってくださいね♪

      返事は遅れるかもだけど、
      空き時間にでも
      その都度お邪魔させてもらいますo(^-^)o

      2012/04/28
    • まろんさん
      わーい!ありがとうございます!

      実は、「Monster」も読みました!映画化するなら、ヨハン役には、どうしようもない哀しみと心の空洞をちゃ...
      わーい!ありがとうございます!

      実は、「Monster」も読みました!映画化するなら、ヨハン役には、どうしようもない哀しみと心の空洞をちゃんと表現できる、しかもこの世のものとは思えないような美しい俳優さんを選んでほしいものです。

      それでは、はりきってコメント書きの旅に出かけてきますね!
      2012/04/29
    • 円軌道の外さん

      またまた沢山のコメント
      ありがとうございます!


      おおーっ!!
      「Monster」やはり
      ご存知でしたか(笑)
      そう...

      またまた沢山のコメント
      ありがとうございます!


      おおーっ!!
      「Monster」やはり
      ご存知でしたか(笑)
      そうなんですよね〜

      映画化はいいけど、
      ハリウッド版「ドラゴンボール」のようなのは
      ホンマ止めてほしいし(汗)

      気になるのは
      肝心のキャストなんですよね〜(>_<)

      ヨハンの年齢的にいって
      若手になると思うやけど、
      かなりのイケメンじゃないとムリですよね〜

      あと天馬役は
      アジア系じゃなく
      絶対
      日本人にして欲しいし。


      2012/05/01
  • 原作が鉄腕アトムなのですが、アレンジが効いていて別物といっても差し支えないです。
    個々のエピソードがちょっと切なく面白いです。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「ちょっと切なく面白いです。 」
      どのロボットも人間臭いし、原作では単なる脇役でしかなかったゲジヒトに、感情移入させられて、死なないでと思っ...
      「ちょっと切なく面白いです。 」
      どのロボットも人間臭いし、原作では単なる脇役でしかなかったゲジヒトに、感情移入させられて、死なないでと思ってしまいましたヨ。
      2013/06/21
  •  浦沢直樹の新作です。このマンガは、単行本がまだでていなかったにも関わらず、マンガのランキングなんかに載っていたこともあって気になっていたマンガでした。特に、浦沢直樹も「YAWARA!」だの「MONSTER」だの好きだったので。
     で、なんで話題になっているか、というと原作が手塚治虫だからで。私自身、手塚治虫のマンガも好きなので、読んでみたかったんですよね。「火の鳥」もかなり読んだし、「どろろ」とかも…一番すきなのは「ブラック・ジャック」だったりもして。でも、「鉄腕アトム」は読んだことないんですけど。どうしてもアニメのイメージが強いですから。だから、この原作になっている「鉄腕アトム」の地上最大のロボットも読んだことはないです。そのうちよまなきゃいけませんね。
     マンガ自体は、おもしろかったです。「悲しい」っていうのが一番伝わったかな。最初はロビーの奥さん。なんで気持ちが伝わってくるんだろう。
     そして、ノース2号。ノース2号が、一番つらかったです。死んで欲しくなかった。ほんとうに、死んで欲しくなかったです。ダンカンさんがかわいそう。やっと人間らしく生きていけそうだったのに。やっと子供みたいな存在ができたと思ったのに。
     あとは、期待のアトムですね。アトムには、納得。アトムの役割を考えたら、ほんと、あんな感じになるんだろうな。天馬博士が自分の子供そっくりにつくった自分の子供ですから。生まれた当時には本物の子供みたいに手を焼いているはずですから、ほんとあんな感じになるでしょう。でも、もっと目でっかくても良かった気もしますが。だって、手塚治虫が書く天馬博士はすっごいかっこいいですから。
     で、考えてしまうのは、今後のアトムの活躍です。まさかあのレインコートを脱ぐと、アトムヘアーなんでしょうか?まさか、このアトムも空を飛ぶんでしょうか。足から火が出て飛んだりするでしょうか。すっごい力持ちだったりするんでしょうか?まさかまさか。そんなことがあったら…私はきっと大笑いします。

  • こういう作品が読みたかったと思える名作。
    まだ2巻だけど引き込まれています。
    チャンスがあったら読んでみてください。

全574件中 1 - 10件を表示

浦沢直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥田 英朗
有効な右矢印 無効な右矢印

PLUTO (1) (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする