バンビ~ノ! (1) (ビッグコミックス)

  • 小学館 (2005年3月30日発売)
3.60
  • (29)
  • (39)
  • (79)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :339
  • レビュー :37
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091875518

バンビ~ノ! (1) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 頭の固い田舎者が料理に魅せられ成長する物語。
    『岳』の作者である石塚真一の作風が好きでないのなら、同じくこの作品も好きに離れないかもしれない。報われる努力、報われない努力、幸運、不運、理不尽、様々なものが混在する人生だから面白い、そう思える人には最適な努力の原動になりうる作品だろう

  • 新米のイタリアン料理人であり現役大学生である伴省吾は、東京・六本木の人気トラットリアにヘルプとして入店。しかし、華やかなフロアーの最奥にあるその調理場はチームの各員が鎬を削る戦場だった!!(裏表紙より)

  • すごいスピード感!面白い!弱ペダより速かったかも。

    自信過剰な主人公だったが、すぐにその鼻っ柱は折られる。身体を使い、頭を使い、時間を使って成長していく感じ、好きです。

    どんなこともゴールが見えてないと、素晴らしい働きはできないよね。

  • ネカフェで読みきりました。
    イタリア料理の修業をしており、尊敬する師匠の下で働いていて、料理の腕も自信満々だったが、師匠からの推薦で東京のイタリア料理の店で働くことになったが、そこで大変な目に・・・
    って感じの話です。
    レビューは最終巻の15で。

  • 全15巻 完結

  • 福岡の大学生で料理人になった主人公、伴が
    東京六本木にあるイタリアンに修行に。

    主人公のあまりの主人公っぽさに辟易するけど
    しょうがないか!
    料理が全然おいしそうに見えないスポーツの汗臭さを
    感じるよ!!

  • なかなかスピーディーなお話ですね。
    ドラマも見ましたが、なかなか近いですね~。

  • 腕にはそれなりに自信のある若者が、上京し最前線のイタリアンで奮闘する話。

    …ということなのだが、それだけでこの作品を評するには勿体無い!

    厨房は戦場!
    料理漫画のハズなのに、この躍動感。疾走感。

    読み進めているだけで、湧き立つアドレナリン。

    料理にさして興味の無い自分でさえ、とても楽しめたこの漫画。
    料理好きだったなら、もう少し楽しめたのだろうか? と思うと少し悔しさ感じてしまう。


    なお、ドラマは観てない。
    CMと配役で、勝手に「ありがちなイケメン推しのドラマか」などと思ってた。
    この漫画を読み、そんな自分を恥じるばかり。

  • 大好き!ご飯が美味しそうでたまらんし勢いがあってよか!よろこんどらす!

  • 昔は週間漫画雑誌をよく読んでたんだけど、ある時からバッサリ読まなくなった
    その後の展開が気になる
    10年以上ぶりに続きを読もうかなぁw

全37件中 1 - 10件を表示

バンビ~ノ! (1) (ビッグコミックス)のその他の作品

せきやてつじの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

バンビ~ノ! (1) (ビッグコミックス)に関連する談話室の質問

バンビ~ノ! (1) (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする