響~小説家になる方法~ (4) (BIG COMIC SUPERIOR)

著者 :
  • 小学館
3.95
  • (30)
  • (39)
  • (21)
  • (1)
  • (4)
本棚登録 : 469
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091876461

作品紹介・あらすじ

芥川賞候補決定!響とリカは!?

ついに小説家デビューした、リカと響。
リカの単行本は、デビュー作にして空前の大ヒットを記録する。
一方、響の小説への反響はまだ小さい。
芥川賞を狙う、と響に打ち明けるリカ。
しかし響は、そのリカの小説を「つまらない」と感じてしまう。
リカを親友だと思えばこそ、自分の感想はそのまま伝えたい。
そんな中、芥川賞の候補作が発表される。
それは誰もが予想できないものとなる。
文学がつないだ二人の友情に、
文学が亀裂を入れてゆく。

【編集担当からのおすすめ情報】
大重版御礼!
本能だけ動く文学少女が痛快な超話題作です。
「このマンガがすごい!2016」オトコ編第12位にもランクインされました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 幼馴染がキモい

  • 画が落ち着いてくる頃の筈がまだ安定しない不思議な作品

  • 【由来】


    【期待したもの】

    ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習慣を身につける訓練。

    【要約】


    【ノート】


    【目次】

  • 話題性が小説家になる方法じゃないよな。自分でマスコットとかって、何様? 次々に周りを屈服させていっているけど、この煮えきらなさはなんなんでしょう。響は煮え切ってるんでしょうけど、売られた喧嘩は殴り返すっていうのは、やっぱりどうかと思う。涼太郎は確かに気持ち悪い。そして、隆也は喧嘩慣れしているな。頭いいじゃん。

  • たしかに、これは面白い…
    直木賞、芥川賞、最年少、響
    祖父江リカ

  • 響のコスプレ姿は笑えた

  • 今回は看板を戸口に引っ掛けるところ。
    ついに芥川賞、直木賞か?

  • 涼太郎ブレないなーw
    これでこのまま自分の思い通りにならなかったらそのうち暴走しちゃうんじゃないかと心配。

    一方、デビューしたリカは、作品が多くの人の目に触れる事でいっそう響との差を思い知らされる。
    涼太郎とは別の意味で心配だけど、潰れるほど弱くないと思いたい。

    それはそうと、以前から俺の脳内で再生されてるリカの声が、誰の声なのかようやく思い至った。
    戸松遥だ。
    あと関係ないけど、今連載中の畑健二郎の漫画「トニカクカワイイ」のヒロイン、司の声も戸松遥で再生されてる。

  •  主人公が一緒に受賞した男性作家を、受賞式の壇上で椅子で襲ってその後作品をクソミソに言うところが面白かった。登場人物がみんな我がつよい。主人公の作品が感想だけでしか描かれていないのが惜しい。もちろん無理なんだろうけど、それがどんな内容なのかとても気になる。

  • 響の文壇デビューが、マンガのように出来すぎ。ここまでが導入部でしょうか?このあとの展開が怖い。そして、涼太郎も怖い。

全24件中 1 - 10件を表示

柳本光晴の作品

響~小説家になる方法~ (4) (BIG COMIC SUPERIOR)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする
×