神南火(かむなび) (ビッグコミックススペシャル)

著者 :
  • 小学館
3.63
  • (8)
  • (11)
  • (19)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 130
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091878212

作品紹介・あらすじ

▼第1話/神南火(前編)▼第2話/神南火(後編)▼第3話/太陽の馬(サン・ホース)▼第4話/沈黙の羊▼第5話/サルメの舞い▼第6話/花と磐●主な登場人物/忌部神奈(女性史研究家であり、また神木鑑定家、温泉評論家でもある。神話、伝承に造詣が深い)●あらすじ/「火中出産」を取材していた忌部神奈は、宮崎県西都市の遺跡発掘現場で、古代の妊婦の白骨を目にする。その遺体の周囲には灰のようなものが遺っており、気になった神奈は、調査関係者に分析結果を教えて欲しいと頼む。天孫降臨の地・高千穂とも近い西都には、コノハナサクヤヒメを祀る都万神社など、火中出産のイメージがつきまとっている。その都万神社で、ある男に祖先の出雲忌部氏と"カムナビ山"の繋がりを示唆された神奈は…(第1話)。●本巻の特徴/女性史研究家・忌部神奈が、神話・伝承の裏側に潜む謎に迫る。巨匠・星野之宣氏が描く、話題の伝奇ロマンシリーズ!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コミック

  • 宗像教授シリーズのサブキャラである忌部捷一郎の妹の忌部神奈を主人公にしている作品集。

  • 宗像教授~シリーズのスピンアウト的作品。宗像教授異考録に出てくるサブキャラ忌部神奈が主人公の作品。作品テーマはほぼ宗像教授と同じだが、女性の主人公として、より女性の感性を重視し、神話やテーマに女性が出てくるテーマを主軸としている。

  • 裏表紙
    天孫降臨神話の木花開耶姫は出産の時、なぜ産屋に火を放ったのか?
    天岩戸神話で有名な天宇受売神が持つ、もう一つの名前とは?

    神話・伝承に登場する女性神、姫君には秘められた別の顔がある-
    女性史研究家・忌部神奈が、伝説の裏側に潜む謎と真実を解き明かす伝奇ロマン。

  • 宗像教授シリーズの女バージョン。
    そのため、主人公の忌部神奈は男勝りの姉さん系。
    お色気シーンと変な俳句がもれなくついてくる。

    でも、宗像教授のが好き。

  • 宗像教授シリーズに出てくる、イミベカナ(漢字忘れた←)て女の人が主人公。
    多分「宗像教授」のキャラじゃ出来ない話が載ってます。
    男の壮大なロマンもいいけど、こういうのも悪くないなー。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1954年生まれ。1975年デビュー。同年『はるかなる朝』で手塚賞入選。代表作『妖女伝説』『ヤマタイカ』『2001夜物語』など。『宗像教授異考録』で第12回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。

「2020年 『星野之宣 デビュー45周年記念』 で使われていた紹介文から引用しています。」

星野之宣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×