ドロヘドロ (2) (BIC COMICS IKKI)

著者 :
  • 小学館
3.82
  • (143)
  • (65)
  • (215)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 1000
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091882721

作品紹介・あらすじ

▼第7話/死者の夜▼第8話/血闘!!中央デパート前▼第9話/トカゲも踊る盛り沢山▼第10話/鴨のロースト魔法使い添え▼第11話/統一魔界なんちてトーナメント●主な登場人物/カイマン(魔法で爬虫類の頭に変えられた男。かけられた魔法を解こうとしている)、ニカイドウ(カイマンの友達で、食堂を経営している。武術の心得もある女)、藤田(相方とホールに魔法の練習に来て、カイマンに襲われる)、煙(藤田の上役。部下がカイマンに殺されたのが気に入らず、復讐を決意)●あらすじ/カイマンが暮らす「ホール」の街に、年に一度の恐怖の夜がやって来た。それは魔法使いに殺された人々が、墓から甦り、生きている人間達を襲う「リビングデッド・デイ」。そして、ゾンビを倒して回るカイマンとニカイドウの前に、新たな魔法使い「心」と「能井」が現れる(第7話)。●本巻の特徴/「魔法の効かない俺に勝てるはずないぜ」と、敢然と「心」達に挑みかかるカイマン。しかし、この連中は予想外の強敵だった! 手も足も出ないカイマンは、ついには首をかき切られて絶体絶命に…!! だが、そのときニカイドウが思いがけない行動をとって…。事態はさらに混沌の渦中へ!!●その他の登場人物/恵比寿(爬虫類の魔法を使う女。カイマンに顔を傷つけられた)、心(煙の雇った殺し屋。先輩格。何でもバラす)、能井(煙の雇った殺し屋。後輩格。こちらは何でも直す)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カイマンの頭にすごい秘密があるのだろうな
    二階堂も何者なのやら
    恵比寿が狂いまくってる

  • とにかく変な漫画、描き方があまりに独特なので良い意味で読みにくい。なんだか癖になりそうな読み味

  • グロめの銀魂って感じがした。
    世界に浸って読むのだな。

  • 第7〜11話+「日々是カイマン」「魔のおまけ」収録。
    まさかニカイドウが魔法使いだったとは!仲間割れしてホールに来たのかな?2巻で「口の中の男」の生首が見つかるなど、話が進むのが早いな〜と思いました。1巻以上にカイマンとニカイドウ、心と野井の2組の仲の良い様子が垣間見れて良かったです。8話ラストのニカイドウの笑顔や、10話の野井人形のやり取り、「魔のおまけ」の会話など。恵比寿は野井に治してもらったのに、ゾンビになったり首が据わらなかったり…普通に会話できない(笑)電車移動中、胸がポロリで噴いた。10話扉絵、背景のせいでギャグっぽく見えましたw心と野井二人とも血だらけなのに(-∀-)こういうところも『ドロヘドロ』の魅力ですよね。
    巻末引用→1、ゾンビは塩に弱い。2、ニカイドウは過去のある女。3、標本はホルマリンに限る。4、ブラのカップ表記は我々と同じ。5、口の中の男はすでに死んでいる。6、ハングリーバグは経営難。7、カイマンは脱ぐとやっぱりすごい。8、第2集は1話少ないがおまけが多い。

  • ニカイドウやっぱり魔法使いだったんだー、名前的に怪しいと思った  
    藤田と恵比寿が可愛い  
    カイマン脱ぐとすごいね  
    心先輩と能井はどこまでの仲なんです?  

    かわいいかわいい

  • 超面白いな
    まず世界観がかっこいいわ
    あと二階堂がかわいいわ

    • kakubookさん
      読んでみたいやつだ
      読んでみたいやつだ
      2012/12/17
    • t-maruyamaさん
      是非読め
      お前はカイマンが好きなはずだ
      おれは心・能井コンビのが好きだ
      是非読め
      お前はカイマンが好きなはずだ
      おれは心・能井コンビのが好きだ
      2012/12/17
  • 1巻を本やでざっと立ち読みしたとはいえ、話がさっぱりわからない。やっぱり1巻を買うしかないか。

  • 友人から借りて読みました。…2巻から!笑
    絵の感じは好き嫌いが分かれそうです。グロエロ(裸体)有。

    私は2巻から読んでも面白く感じたので、1巻からガーッと読み進めたいと思いました。ニカイドウの餃子が食べたいです。

  • 少しずつストーリーがつかめてきた感じ。心さん好き。

  • 2005

全36件中 1 - 10件を表示

ドロヘドロ (2) (BIC COMICS IKKI)のその他の作品

林田球の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする