ドロヘドロ (5) (BIC COMICS IKKI)

著者 :
  • 小学館
3.85
  • (127)
  • (46)
  • (177)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 860
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091882752

作品紹介・あらすじ

▼第24話/ラララ怪人くん▼第25話/ゴージャス&モリモリ▼第26話/ブルーナイト・ランド▼第27話/嗚呼、『花煙』▼第28話/すてきなミートパイ▼第29話/珍キノコ出現!!▼第30話/キノコちゃん、いらっしゃ~い!●主な登場人物/カイマン(魔法で爬虫類の頭に変えられた男。かけられた魔法を解こうとしている)、ニカイドウ(食堂を経営するカイマンの友達。武術の心得もあるし、実は魔法使いでもある?)●あらすじ/ニカイドウと別れて、ひとり「魔法使いの世界」にやってきたカイマン。一文無しになり、空腹で座り込んでいると、近くで何やらケンカ騒ぎが発生。丹波社長というレストランの主と、そこの店員・福山に助太刀したカイマンは、相手を倒したお礼に食事をご馳走してもらい、そのままここで住み込みのバイトをすることに…(第24話)。●本巻の特徴/「魔法使いの世界」で4年に一度の“ブルーナイト”が、ついに開幕! 数多くの魔法使いたちが集まってパートナーを更新する会場に潜入したカイマンは、果たして目的の“十字目の男(=栗鼠)”を見つけることが出来るのか…!?●その他の登場人物/藤田(相方・松村とホールに魔法の練習に来て、カイマンに襲われた)、煙(藤田の上役。部下がカイマンに殺されたのが気に入らず、復讐を決意)、恵比寿(爬虫類の魔法を使う女。カイマンに顔を傷つけられた)、心(煙の雇った殺し屋。先輩格。何でもバラす)、能井(煙の雇った殺し屋。後輩格。こちらは何でも直す) 、栗鼠(カイマンの口の中の男。煙に生首で発見され復活するが、その後逃走)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昔の能井が意外とおんなのこ
    どうしてあんな巨体になったのやら…

  • ヘンテコでワケがわからないように見えた世界観だったけど、巻を重ねる毎に少しずつその全貌が形を成してきた気がする。めちゃくちゃなようで案外色々設定が決まっているのね。でも悪魔ってなんなんだろう。悪魔には「成れる」ものらしいし……

  • なんか飽きてきた

  • 第24〜30話+魔のおまけ(カイマン、大葉ギョーザを初めて食べる)収録。
    カイマンはアルバイト向かないなあ、真面目に働くって出来ないのね(-∀-)丹波社長、マスク付けても外してもほとんど変わらずいかつい(笑)野井が偶然栗鼠の身体を治してしまった事、今後どう響くか気になる。4巻に引き続き、27話でも心の過去が垣間見れて良かった!しかも野井との出会い編☆もう運命としか思えないですね…恋愛関係にならないのか不思議。この過去話に登場した薬と爆、何故死ななかったんだろう?松村は1話で死んだのに(笑)続き気になる!
    (巻末引用)1、カイマン、「魔法使いの世界」でアルバイト決定!2、「パートナー」は“ブルーナイト”で決定!3、松村は死亡が確定!4、野井は元・悪魔候補生。5、「心&野井」のご縁は食い逃げ!6、買うならやっぱり福袋(ハート)7、ニカイドウが煙の手に…!?8、キノコマンは内臓を内蔵。

  • やっぱり押しますね、心能井  
    可愛い可愛い  

    心と能井の過去が明らかになって、次はニカイドウかしら?
    ニカイドウとカイマンはまだ未満だからなあ……

  • 常識の範囲を超えているね!ラスト気になるけど終わらないで欲しい漫画。能井ちゃんが大好きです。センパーイ!

  • 2005.

  • カイマン魔法の国で就職(バイトだけど)。パートナー決めのブルーナイト。心と能井のコンビ誕生秘話。元々は対等だったのねとか若い時の二人は金持ち学校の坊っちゃん嬢ちゃんのようだとか。栗鼠が能井のおこぼれで完全復活したりカイマンとニアピンだったり二階堂がピンチだったり。あと福山の可愛さはあれは何だ。

  • 1巻から一気に読み進めた。この作品の感想については1巻レビューに書いたとおりで、ここまで読み進めてわかったのは、この漫画を読むとむしょうに餃子がたべたくなることだ。

    煙ファミリー中枢がすき。あと藤田が大好き。

  • 続き買わなければ・・・!!

全21件中 1 - 10件を表示

ドロヘドロ (5) (BIC COMICS IKKI)のその他の作品

林田球の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする