ドロヘドロ 15 (BIC COMICS IKKI)

著者 :
  • 小学館
4.39
  • (72)
  • (50)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 597
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・マンガ (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091882875

作品紹介・あらすじ

全貌を現す壊の実験。終わりの始まり…!!

自らの身体を切り刻む会川。
その真相へと至るカウントダウンが、ついに0を刻む。

一方、かつての煙屋敷に潜入したカスカベ博士が目撃したのは、壊が行っていた秘密の実験だった。
数えきれないほどの魔法使いの首を積み上げた首塚の奥、悪魔ですら見たことのない“それ”は蠢く。

姿を消したカイマン、栗鼠の友人である会川、十字目のボス・壊、そしてカスカベ博士がホールで出会ったアイ。
その正体がついに明かされる!?

【編集担当からのおすすめ情報】
IKKI創刊号から現在まで続く唯一の作品であるドロヘドロ。
積み上げられてきた謎が明かされ始めつつも、さらに深まる謎もあり、
ラストへむけてまったく予想のできない展開が続きます。
いまだ混沌につつまれる物語…それがドロヘドロ!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 好みは割れるだろうが、こんな滅茶苦茶な絵を描けるのはこの人くらいだろう。意味がわからん世界観だと思っていたけど気付くとそれほど違和感を感じなくなってる自分がいる

  • 第86〜93話+魔のおまけ(お歳暮と降臨)収録。
    壊の最終形態がまぬけ(笑)変身するまでが気持ち悪かったから、余計に滑稽に感じる。会川はアイの策略で殺害され、(たぶん融合して)壊が生まれたものの、不完全だったから会川の人格が出るんだろうな〜と想像。会川は中途半端に人格が残っているから可哀相だな、親友の栗鼠を殺害したり、ニカイドウたちを巻き込んだり。さて、次の巻で遂にあの路地へ…!
    (巻末引用)
    第15集でわかったこと。1、黒い粉は悪魔腫瘍から抽出。2、魔法使いの世界に、雨が降る。3、会川はアイがなりたかった魔法使い。4、消の魔法は記憶も消せる。5、チダルマは壊の実験成果にトキメキ!6、ホールの皆、栗鼠をカイマンと勘違い。7、ニカイドウの魔法は残り4回。8、カイマン=会川=壊=アイ。

  • 「第15集でわかったこと」で答えのようなこと書いてるけど全く分からない  
    それがドロヘドロ  

    主人公が謎解きをしてたはずなのにいつのまにか主人公が真ん中になってて周りの人を巻き込みながら物語は収束に向かっている  
    はず

  • まじで1巻から読み返さなくては…

  • 会川がアイくんで、十字目のボスなのか!?
    ホールに雨が降った!!
    魔法使いがみんな具合い悪そうだ!
    悪魔が大集合で何がはじまる!?
    アイくんは十字目のボスの何をしようとしているのだ!
    悪魔の生皮と一体化して何がはじまる!?
    ニカイドウの魔法はあと4回!!
    ニカイドウ達も、煙ファミリーも、十字目達も、ホールに大集合だ!!

  • 恵比寿のこちょこちょした台詞の秀逸さもさる事ながら。
    許容出来る狂気の範囲内で、この世界観は楽しい。

    しっかし、一番のおススメポイントが次回予告、って誰か理解してもらえるだろうか。

    それはまだ…混沌の中。
    それが…ドロヘドロ!

  • 16巻はいつ出るんやぁ!

  • 悪魔は癒し。通しで読まないと忘れてるな…

  • 話が収束に向かっておる。
    わくてか!

  • 能井ちゃんと心先輩のコンビがすごく好き。能井ちゃんかわいいよね。
    カイマンの根本は会川にあって欲しいな。

全22件中 1 - 10件を表示

ドロヘドロ 15 (BIC COMICS IKKI)のその他の作品

林田球の作品

ドロヘドロ 15 (BIC COMICS IKKI)を本棚に登録しているひと

ツイートする