さらい屋五葉 第2集 (IKKI COMICS)

  • 小学館
3.64
  • (106)
  • (154)
  • (294)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 1463
レビュー : 54
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091883520

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 登場人物を少しずつ掘り下げている続巻。次巻を待ち遠しいと感じさせる出来。アニメもこの通りに進んでます。

  • いよいよ弥一は謎になってくる。政は野暮ではあるがそれでいいのだ。

  • ご隠居が仏の宗次。
    梅さんがお金を稼ぐ目的が明らかに。お絹ちゃんいい子だ。
    野暮な発言をする政。純粋なのなー。

  • 登場人物の過去が少しずつ明らかになってきました。この人のマンガはやっぱり雰囲気がいいです。

  • 絵もシンプルだし、台詞が多すぎるわけではないのだけれど、なぜかこの作品はゆっくり、ゆっくり読んでしまう。なんとなく、行間をちゃんと読みたくなるのだ。弥一の悪い男の魅力がヤバイ。

  • 1巻から4巻までまとめ読み。

  • 2集目は五葉の仲間・梅造さんの過去絡みエピソード中心。彼は髪型のせいか、リストランテ~におけるヴィートとイメージや立ち位置が被ってる気が(笑)

  • 弥一の紹介で女郎屋「桂屋」に住み込むこととなった政之助。そこで用心棒の職を得られるかどうかは姐さんの“様子見”次第だが、体調不良と持ち前の性格が災いして、一向に慣れることができない。とりわけ、いまだ本音を見せることのない弥一の素性と、五葉の面々がどんな人間関係であるのか気になる政之助だったが…(第8話)。
    ●本巻の特徴/少しずつ見えてくる“五葉”それぞれの事情。梅とご隠居が抱える過去、そしてご隠居のもとを訪れた1人の男の正体は!?大江戸艶色絵巻、第2集!!

  • メンバーの過去とか、人となりが少しずつ分かってくる。まずは梅吉。

  • 少しずつ一味の過去が明らかになっていく。
    全くの悪人はいない。
    ただ弥一の目的だけが今ひとつ分からない。
    弥一に惹かれつつ一味に深入りする政とともに、ワタシも深入りしていきそうです。

全54件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2003年『LA QUINTA CAMERA』でデビュー。『さらい屋五葉』『リストランテ・パラディーゾ』などのアニメ化作品に加え、『ACCA13区監察課』が2017年1月よりアニメ放映決定。小説『のぼうの城』のカバーイラストでも話題に。
「モーニング・ツー」では『Danza』『COPPERS』『つらつらわらじ』を連載。現在「ウルトラジャンプ」にて『レディ&オールドマン』を連載中。

「2019年 『ハヴ・ア・グレイト・サンデー(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さらい屋五葉 第2集 (IKKI COMICS)のその他の作品

さらい屋五葉(2) (IKKI COMIX) Kindle版 さらい屋五葉(2) (IKKI COMIX) オノ・ナツメ

オノ・ナツメの作品

さらい屋五葉 第2集 (IKKI COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする