金魚屋古書店 (5) (IKKI COMICS)

著者 :
  • 小学館
3.50
  • (14)
  • (33)
  • (70)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 383
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091883650

作品紹介・あらすじ

▼第29話/ストリートファイター▼第30話/漫画好き▼第31話/漫画のない国・2▼第32話/ほうれん草▼第33話/I'm here.▼第34話/笹山's エンジェルズ(前編)▼第35話/笹山's エンジェルズ(後編)▼オマケ漫画/大人のコロコロ▼巻末お役立ちコラム/金魚屋古書店雑記帳

●主な登場人物/鏑木菜月(漫画専門の古本屋「金魚屋古書店」の店長代理。祖父・清太郎に代わって店を切り盛りする)、斯波尚顕(「金魚屋古書店」の店員かつ居候。古書店内地下のだだっ広い漫画書庫に住んでいる)
●あらすじ/カワタ自動車の営業マン・藤城は、優秀だが堅物で無愛想なのが玉にキズ。常に明るく前向きな、自分と正反対の性格を持つ後輩・川畑のことを疎ましく思っていたが、ある日、そんな川畑に誘われて一緒に飲みに行くことに。はじめはお喋りな川畑の話を苦々しく聞き流していた藤城だったが、話題が漫画『あしたのジョー』に移ったとたん…(第29話)。
●本巻の特徴/なんと金魚屋に雑誌の取材が! “漫画好きアイドル”の来店に斯波の鼻の下も伸びっぱなし、だが…!? 一冊の漫画が織りなす喜怒哀楽物語、全7編!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 実在の漫画を題材にした短編集漫画。第5巻。

    ◇ちばてつや『あしたのジョー』
    ◇エルジー・クリスラー・シーガー『POPEYE』
    ◇小池一夫・池上遼一『クライングフリーマン』
    ◇『カバヤマンガブック』

    “漫画好きっていうのはさ、一作の漫画、一本の漫画、一冊の漫画、漫画の一ページ、漫画の一コマに、どれだけきもちを寄せているかって事じゃないかなあ…”―本文より

    あらすじを聞いただけで、漫画のタイトルと巻数がスラスラ出てくる斯波サンを心から尊敬します。

  • 自前

  • 本の手入れ方法。
    いつも悩むところ。
    本棚に並べてそれを見るのが幸せだったりするけど
    焼けちゃうのも気になるし・・・。
    ダンジョンみたいな管理がベストなのかも。

    2009購入  /  2009.7.9読了

  • 多分、死んだのだとわたしは、思っていました。

  • 一話完結なので読みやすい。それに一話ずつに飲まれる。<BR>
    「アドルフに告ぐ」の回がかっちょよかった。漫画好きでいいんだ〜と安心させられる作品でもある笑。

  • 4、5

  • 相変わらず、読んで、自分の漫画に対する知識が少ないということを実感させてくれます。<BR>
    ひとつの学問ですから。<BR><BR>
    今回は、ややオヤクソクな展開が多かったかな。

  • 現在5巻まで刊行、それ以前の話が上下巻で出ています。 新旧ジャンル色々の漫画にまつわるお話。 漫画に対する知識云々よりも、その漫画に関わる人達の人間ドラマとしても読める漫画。 古き良き漫画とお近づきになりたい方へ。

  • マンガの「語りべ」となるマンガ

  • 「あしたのジョー」はアニメしか覚えがないんだけど、あのラストに生きているって読み方があるとは思わなかったなぁ。

全14件中 1 - 10件を表示

芳崎せいむの作品

ツイートする
×