土星マンション 2 (IKKI COMIX)

著者 : 岩岡ヒサエ
  • 小学館 (2007年6月29日発売)
3.87
  • (37)
  • (61)
  • (55)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :497
  • レビュー :19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091883667

土星マンション 2 (IKKI COMIX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 父親の子供だからみんなが面倒見てくれるんだ、と思い込んでいるミツに影山が言う「未熟な分 失敗するようにできてるから。」って言葉が出せる大人でありたい。
    テーブルとソファの間の狭い所が好きなミツ…不憫だ…(笑)そうか、不憫可愛いんだよ、ミツ!!15、6歳なのに丁寧語喋りだし、天涯孤独の少年だし…でも湿っぽくもやさぐれてもいない。ミツの父親が事故った時に一緒に仕事していたタマチが気になる…繊細なんだか、卵が異常に好きな単細胞ぷりとか、なんか色々興味深いな(笑)太陽光に当たらない生活してると免疫不全症になる、とか、やっぱそうなんだー、と思ったり。ガチSFの様に科学を振りかざしたりしないが、そう言う世界で生きるしかなくなった人間の地道な生活が描かれてある。やたら深刻ぶらない、それが生活だから。

  • 仁さんと影山さんのコンビが好きw

  • やっぱり続きは気になるもので…(笑)
    2巻目もお買い上げ。
    相変わらずほっこり感あふれる内容。

  •  読み終わってから、ふと気づいたのだけどこの漫画のキャラクター達は表情が乏しい。
     笑うにしても顔一杯の笑みを浮かべたりしないで微笑み、怒るにしても内に秘めたような怒り方をする。
     感情は確かに様々な問題を引き起こすから、均整化された未来に人間の感情の起伏が今よりも穏やかになっているというのはありえる話だと思う。
     だけど、その感情の乏しさ、表情の薄さはこの漫画に漂う寂しさと関係があると思う。

     そのせいか、激しい感情を表に出す私は真が結構好きなのである。

  • 2007.夏

  • 着実に一歩ずつ、仕事も人間も成長していくミツ。
    少しずつ父親の姿を知り、憧れつつ近づいて行く。
    話もキャラクターもどれも暖かくて癒される。
    仁さん頼むから死なないでおくれ。

  • 持ち主:つたこ

  • 窓拭きの少年の話。
    人と人との係わり合いで心がなんだかあったかくなる作品です。

  • 窓拭きを仕事とするミツの成長物語、2巻。

    最初の母娘とミツ・真の話が特にお気に入り。
    真も何だかんだ言って好きなんだよなぁ。

    この岩岡ヒサエほのぼのワールドのギャグが良い味出してる。

  • 宇宙のお話を読みたいなとふと思ったときに、たまたま新刊で出たのを買ってみた。
    絵が綺麗で、ほんわかしてて、みんないろんな悩みを持っている"普通"なところにすっかり虜になってた。

    みんなでごはんを食べてるシーンが1番好きです。

全19件中 1 - 10件を表示

土星マンション 2 (IKKI COMIX)のその他の作品

岩岡ヒサエの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
岩岡 ヒサエ
オノ・ナツメ
有効な右矢印 無効な右矢印

土星マンション 2 (IKKI COMIX)を本棚に登録しているひと

ツイートする