さらい屋五葉 第3集 (IKKI COMICS)

  • 小学館
3.66
  • (88)
  • (136)
  • (224)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 1293
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・マンガ (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091883704

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少しずつ五葉の仲間たちの結束力が高まってきました。謎の拐かし集団の噂が出てきて、「次巻へ」という引きもいいです。続きが気になります。

  • 元一人ばたらき(単独犯)の松さんには、恩人が2人。その一人である菊屋の主人の一大事に、恩に報いようとした松が、逆に捕まってしまう。そこを、五葉の仲間が…。今回のエピソードは、この作品の核をなしている。五葉のメンバーが、それぞれの役割を持って「仲間」を助けるのはこれが初めてで、これ以来、五葉が変わっていくところが秀逸。けれど、ラストに波乱の予感もあり、見せ方が上手いなあと思った。

  • 静かにことは進んでいくんだがカッコ良いね。みんながみんな。

  • 松吉さんの事情が明らかに。政、やるぅ!
    イチもじわじわと。

  • 1巻から4巻までまとめ読み。

  • 五葉の中で個人的にいちばん好きなのは松吉さんです。しかし無口クール系かと思いきや、意外とこのひと熱いんだよなあ(笑)。

  • 江戸時代劇。
    誘拐家業の所に居候してしまうことになった秋津。
    捕まった仲間を助けに行ったり、妹に会ったりする。

    義理人情がすごくてほっこりする。

  • 次は松吉。

  • このコミック、遊び紙が綺麗☆早くも弥一の素性がわかった感じ。(ちょっと半信半疑ですが)案の定ややこしい人。

  • 今回はクールで無口な松のターン。決して自分の話をしなさそうな彼の事情が明るみになります。
    あれほど五葉に入るのを嫌がっていた政なのに、捕らえられた松を助けるために、自ら敵陣へ潜入。
    彼のこの優しさが、今までどの勤め先でも仕事人として認められてこなかった一番の原因でしたが、一番政を疎んじていた梅の心も徐々にほぐれていくのです。

    たけは、自ら打ち明け話をしたことだし、それほど深い事情は持っていないのかも。
    アニメでは原作のどの辺りまで追ってくれるのか、気になるところです。

    それにしても、作品の冒頭から頻出する「拐かし」という言葉、どう読むのか分からずにいました。「かどわかし」だったんですね。
    振り仮名がついておらず、みんな読める漢字なのかな?と自分の無知ぶりが不安になりました。

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2003年『LA QUINTA CAMERA』でデビュー。『さらい屋五葉』『リストランテ・パラディーゾ』などのアニメ化作品に加え、『ACCA13区監察課』が2017年1月よりアニメ放映決定。小説『のぼうの城』のカバーイラストでも話題に。
「モーニング・ツー」では『Danza』『COPPERS』『つらつらわらじ』を連載。現在「ウルトラジャンプ」にて『レディ&オールドマン』を連載中。

「2019年 『ハヴ・ア・グレイト・サンデー(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さらい屋五葉 第3集 (IKKI COMICS)のその他の作品

さらい屋五葉(3) (IKKI COMIX) Kindle版 さらい屋五葉(3) (IKKI COMIX) オノ・ナツメ

オノ・ナツメの作品

さらい屋五葉 第3集 (IKKI COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする