花ボーロ (IKKI COMICS)

著者 :
  • 小学館
3.79
  • (56)
  • (52)
  • (97)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 401
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091885326

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ふんわり、ほんわか、ぬくぬく…、ひとの気持ちの温かさを、そおっと伝える新鋭作家の連作短編シリーズ。表題作「花ボーロ」を含む全10作を収録。(Amazon紹介より)

    優しいタッチで描かれたほんわか系漫画です。読んだだけで優しい気持ちになれたような気がします。

  • 先生と生徒。生徒と生徒。先生と先生。
    互いに悩みながら、関わりながら、ほつれた糸が少し解いていくようだ…
    校舎で繰り広げられる青春オムニバス・ストーリィ

  • 絵も話もすごくやわらかくて、和みました。

  • 未レビュー消化。学校という場所は希望を抱けるし、絶望もする。卒業してたまに寄ってみれば様変わりした校舎に悲しさも覚えたりしてしまう。在学中にも友人関係、成績のことがあったり、そんな色んな感情に根ざした日常が花ポーロには描かれていて岩岡先生の優しい画風にとてもマッチしていました。
     最後のユカとタケオの屋上のシーンはとても印象に残っている構図です。

  • 再読。学校に集う人たちの様々な10のお話の短編集。別冊になったオトノハコものっている。「1 教室の兎」「4 ウチマス」好き、「5 坂の上」がいちばん好き。

  • なんだか、とっても女の子に薦めたくなるマンガ。

  • 気持ちがわからないから嫌だ

  • このひとのギャグセンス、視点、画風、全部好きです。

    ぜんぶ「なにげない」んだけど、ほっこりします。

    これは短編集。

    「いまどきそんな」って思っちゃうかもしれないような子たちが出てきますが、強ちそうでもないことに共感してから気づくと思います。

  • 2005.秋

  • オトノハコに出てた茶道部の部長さんとか、合唱部の人も出てきてた短編集。
    花ボーロ、最近見てないけど、そういえばそんなお菓子があったなぁ。
    家に、だんだん岩岡さんの本が揃いつつあります。

全42件中 1 - 10件を表示

花ボーロ (IKKI COMICS)のその他の作品

花ボーロ (IKKI COMIX) Kindle版 花ボーロ (IKKI COMIX) 岩岡ヒサエ

岩岡ヒサエの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
岩岡 ヒサエ
浅野 いにお
オノ・ナツメ
ほし よりこ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする