ビューティフルピープル・パーフェクトワールド 2 (IKKI COMIX)

著者 :
  • 小学館
3.95
  • (5)
  • (10)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784091885739

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 各話読み終えた後に必ず残る虚無感
    なんでだろう、嫌いじゃない

  • 完結です。

  • 整形で誰でも美しくなれる世界。
    外見的な美しさが普通になっても、センスや愛嬌や知性、あるいはナチュラルであること、あらゆるところで差別化、格付けはなされます。
    人間は欲深いので。
    誰よりも魅力的な自分を望まずにはいられない。
    遺伝や老いを理由に美しさを諦められない。
    この有様を悪いとは思いません。
    醜いよりも美しい方がいい。
    ただ疲れるなと思う。
    醜さに怯えながら、魅力的であり続ける労力はどれぐらい?
    美への渇望は死ぬまで続く…。

  •  「整形手術をしてはいけない」この言葉は一般的よく言われることだと思う。ただなぜ整形手術をしてはいけないのか明確に答えることができる人はいるだろうか?親にとっては、どんな顔でも子供はかわいいので(かわいいはず)生まれたままの顔でいてほしいと思うのはうなずける。顔に大きな腫れものができて、それを取り除きたいという程度の整形手術ならまだわかる気がするが、顔を根本的に変えるのはいかがなものかと私は個人的には思っている。でも「してはいけない」と納得させるのには不十分だ。

     少し話はそれるが2chのスレッドで女子大学生が大学院に行くよりもそのお金で整形手術をして美人になった方がより良い投資なのではないかという物があった。あながち間違いではないのかもしれない。現在私は社会人一年目で一年前に就職活動をしていたが、なんだかんだ大手の社員さんは美人の割合が多かった気がしている。ちなみに男はそんなに顔は関係ない印象。

     さて本書は本を紹介する雑誌ダ・ヴィンチでたくさんの新刊から高クオリティーの作品を月に一冊選ぶ「プラチナ本」に選ばれたマンガだ。現在の日本よりも安価で手軽に整形手術をすることができるようになり、中学生前後から整形手術をみんながやり出す。ちょうど今の日本で中学生くらいから眉毛を剃り出すのと同じ感覚だ。

     このマンガの世界ではみんなが美人、美男子になれる。異性を選ぶ基準を聞かれて多くの人は世間体を気にして性格と答える。しかしながら現実は違う。なんだかんだ男は美人が好きだし、女はイケメンが好きだ。私の高校の数学の先生も授業中に話していたし、親しくしている女友達もそう話している。顔というのは最初に目に入ってくる情報でその後に性格やその他が付随してくる。

     この「顔」がどんな顔にも整形できたら私たちはどうなってしまうのだろうか。マンガのなかでは初恋婚が流行った。整形する前に素をさらけ出していた時に好きになった人と結婚すること。これは私たちの世界でも共感できることだと思う。小学生の時や中学生の時にまだ好きっていう気持ちがわからないけれども気になったことは誰しもが経験することだと思う。その対象となった異性は今でも気になることが多い、少なくとも私はそうだ。

     このマンガはただ単にみんなが整形手術をしている世界をコミカルに描いているだけではなく、顔で解決できること、どれだけ美人になっても解決できない心の部分がしっかりと描かれている。メッセージ性が奥深くに潜んでいるマンガだ。

  • 前作が良かったので、引き続き。

    しかしちょっと失速したように感じた。過剰な整形が一般化している、という特殊な世界観の中で、どこにでもあるような人生のモヤモヤを、前作では上手に押し包んで示せていた。しかし今回はその餡の部分がガワからはみ出てしまったというか、やや露骨(あるいは安直)に性と絡めすぎているような感じを受けた。

  • 何となく表紙に惹かれて、<「若くて綺麗」が好きなのに「美容整形」は何故ダメなの?>という帯に興味を持って、買った。
    美容整形の技術だけ異様に進んで、容姿は自在に好きに変えられる世界。けれど、心の不完全さは変えられないから、そのぶん、人間の歪さが際立つ。なんなんだこの身もふたもなさは。救いがない感じは。醒めた諦念は。でも……面白かった、ホントに。
    慌てて1巻を買いに、何軒も本屋をハシゴした。やっと手にして2010年の発行だったことを知る。まだまだ知らないマンガ、面白い作家っているんだな~~もっといろいろ読まなきゃ、てなことを考えた浅い春の日。

  • 整形で見た目を都合良いようにいじられる近未来の世界。でも、そうしたところで自分も他人も、詰まるところ人は何を見ているのだろうということを感じた。ありのままの姿ということが逆説的に描かれているというか。
    いちばん始めの短編に、美容整形のおかげだろう、おばあちゃんと母と娘が見た目3人姉妹というシーンがある。さらっと描かれているけれども、なかなかシュールじゃないか。この漫画はあるはずのものが無かったり有ったりというギャップを楽しむ、そんなことも出来るのではないかと。

全8件中 1 - 8件を表示

ビューティフルピープル・パーフェクトワールド 2 (IKKI COMIX)のその他の作品

坂井恵理の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする