放課後のカリスマ 8 (IKKI COMIX)

  • 小学館 (2012年7月30日発売)
3.65
  • (7)
  • (30)
  • (26)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :296
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091885937

放課後のカリスマ 8 (IKKI COMIX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3巻までを絵に惹かれて買ってみたら、続きが読みたくなり大人買い(>_<)クローンについて考えされられる内容で面白い。時折各人物が、どの世代のクローン?とか、誰がクローンで、誰がクローンじゃないのか?など、こんがらがるのも楽しもうと思う。

  • 2015.07.21読了。

  •  どうしたんだ。どこへ行くんだ。足場は砂だぞ!という気持ちになる。

  • 追い詰められる文良、変わりゆくセントクレイオをめぐる状況……。シリアスな展開にドキドキ。

  • 味方と思っていたマリ・キュリーにも裏切られて、もう誰が味方で誰が敵かなんてものが分からなくなってしまってきてます。

    ヒトラーは、確かに人心を掴むのがうまいなぁとは思いますけど、このあとはやっぱり追い詰められて自殺しないといけないのかなぁなんて。

    外に放り出されたダヴィンチが改心して史良に味方するとか、キリストを名乗る浮浪者が実は本物のクローンとか?次巻も楽しみです。

  • 「セントクレイオ学園を、世間に公開する」――史良のその決断は、最悪の結果をもたらした。
    重圧に耐えかねた史良は、ダ・ヴィンチの元から姿を消すが…。

    確かに何で表紙が一休!?(笑)
    あんまり出番なかったような。
    でも一休さん好きなので私はいいですが(笑)

    そして史良はどんどん追い詰められていくな…。
    ダ・ヴィンチもマリ・キュリーもこう来たかと。
    なんかもう誰を信じていいのか分からない感じですね。
    ヒトラーもですが、学園内のクローン達の今後も気になるところです。

  • ようやくまた面白くなってきたぁん!

    イエス・キリストを名乗るおっちゃんが何事かやらかしてくれないかしらと期待してみたり。

  •  偉人クローンの行き着く先、史良が目標とする場所、すべてが狭苦しい暗闇に落ちていくこの展開はすごい面白かったです。マヒしていく人々が支配側の人間にどう動かされていくか、ここからが見ものですね

  • 新刊が出てた…だと…!

    一回ぐちゃっとさせたね…。
    まだ皆の思惑を明かしてない状態で、所属を決めた訳だからもうこれで誰が誰を裏切っても違和感ないな。

    ところでイエスキリストがキーパーソンくさいんだけど、何者?
    1・本当はただの一般人だけど、自分がキリストであると周囲に認知させる事により、クローンでなくても偉人となりうのだと証明する者。
    2・ガチでキリストのクローン。セントクレイオの脱落者と見せかけて、現代におけるキリストの生き方を模索してる者。
    3・テロリスト集団の首謀者。または新たな組織の一員もしくはリーダー。
    4・読者を疑心暗鬼にさせる為に用意されたただのモブ。


    次刊が楽しみで仕方ない。

  • いよいよ偉人クローンという存在の核心にも迫りはじめ、話がどんどん黒く昏く救いが無くなっていく。疑心暗鬼に囚われて誰も信用できなくなる史良。あまりにめまぐるしい人間関係の変容に読んでるほうですら混乱するくらいだから致し方なし。ここでふと、史良という名前について考えてしまった。この名前、もしかしてかなりこの作品の主題と密接なんじゃないのか?意味するところは歴『史』をより『良』くするなんじゃないのか?

    ところで、ラスプーチンはともかく卑弥呼のクローンなんてその証明とかもう…無理筋にもほどがありますよね。言ったもん勝ち、思い込んだもん勝ち。浮浪者のキリストのおっさんと信ぴょう性同じレベルやん…そりゃさすがにあっちに転ぶわな。。。

全15件中 1 - 10件を表示

放課後のカリスマ 8 (IKKI COMIX)のその他の作品

放課後のカリスマ(8) (IKKI COMIX) Kindle版 放課後のカリスマ(8) (IKKI COMIX) スエカネ・クミコ

スエカネ・クミコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

放課後のカリスマ 8 (IKKI COMIX)を本棚に登録しているひと

ツイートする