period 5 (IKKI COMIX)

著者 :
  • 小学館
4.13
  • (4)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091886705

作品紹介・あらすじ

流転する運命を生きる兄弟の物語。完結!

主人公は二人の幼い兄弟、迥(ハルカ・兄)と能(ヨキ・弟)。母親は家を出たまま戻らず、兄弟は父・戒人と3人暮らし。冷徹な大学教授である父は、毎日のように兄弟に理不尽な暴力をふるい、二人はそれに耐える日々を送っていた。しかしそんな父は、“ある事故”を境に、別人のように穏やかになり、その後、入退院を繰り返すようになる。やがて父は二人を我が手で育てることを断念し、家を売って金を作る。そして、その金を預けた貸金庫の鍵を迥に託し、一人、終わりのない入院生活に入った――。父の“影”に支配されつつ二人で生きる兄弟、そして出会った仲間たちの流転する運命の物語が、連載開始から11年を経てついに完結!!

【編集担当からのおすすめ情報】
単行本1巻ごとに、住む家を失うことを繰り返してきた兄弟。今回の第5集でたどり着いた古ぼけた一軒家が、今度こそは安住の地となるのでしょうか? 長い長い物語の末に待ち受けるのは、ありきたりのハッピーエンドでも、ありきたりのバッドエンドでもありません。どうやって、主人公たちを生かし続けることができるのか? 誠実に、誠実に物語を紡ぐこと。そこから決して逃げない作者の静かな闘いの結末を見届けてください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ついに最終巻。
    最後まで読み応えたっぷりだったが、いくつかの謎は残ったままで、まだ気になっていることがある。
    いつか、続きを読みたいものです。

  • いつまでも待つから、これからも漫画を描き続けてほしい

  • もうこれで吉野朔実さんの漫画は
    読めないのかなぁ。と思いながら。

    たまにでいいから描いて欲しいです。

  • 第一巻の衝撃から11年。ついに完結しました。帰るべき場所を求める兄弟に安住の地はあるのか、心に残る結末だったと思います。吉野先生ありがとうございました。生きてるうちに最終巻が読めてよかった、、、。

  • 20141130
    面白かったー
    ようやく完結。
    インターバルが長くて忘れがちだったけど気づいてよかった。
    悟ったこどもが成長していくところの歪みたいなものが淡々と描かれて怖いような優しいような。
    本を読み続けた理由がなるほどって。

全5件中 1 - 5件を表示

period 5 (IKKI COMIX)のその他の作品

period(5) (IKKI COMIX) Kindle版 period(5) (IKKI COMIX) 吉野朔実

吉野朔実の作品

ツイートする