柚子森さん 1 (ビッグコミックススペシャル)

著者 : 江島絵理
  • 小学館 (2016年12月12日発売)
3.79
  • (8)
  • (7)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :84
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (124ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091892928

作品紹介

トレンド入りヘタレ女子高生とクール小学生

【Twitterトレンド入りで話題!ヘタレ女子高生とクール小学生のガールミーツガール物語】

白くて、小さくて、華奢で、凛としている小学生の女の子と、意気地なしの女子高生との、そわそわ&ほんわかな日々。

小学生なのに大人びたたたずまいをみせる“柚子森さん”と、ついつい敬語で接してしまう女子高生の“野間みみか”の一喜一憂から目が離せない、注目の話題作、描き下ろしエピソードを加えた待望の第1集。


【編集担当からのおすすめ情報】
Twitterのトレンド入りし、「尊い。ひたすら尊い」「秒速で更新して欲しい」等絶賛と悶絶をふりまいた話題作がついに単行本化!
悶絶必至のコミックス限定描き下ろしエピソード収録&おまけ多数で、隅から隅まで“柚子森さんとみみか”で満たされた完全版です!

柚子森さん 1 (ビッグコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おね×ロリかと思いきやロリ×おね、あるいは立ち位置的にはロリ×犬という。
    柚子森さんかわいすぎかよ。
    尊いかよ。
    みみかの思いはかなり性欲に振れていると思われるが、読者へのぬき提供なロリ漫画よりは健全な描き方。

  • くちびる。

  • (1)~(2)

  • 書籍化前からHPで読んでいました。
    おねロリ。小学4年生に「こら」とか言われちゃう。
    おーおー、柚子森さんに振り回されてる!
    みみかの、「小学生に対してイケナイ感情を抱いちゃってる」感がすごいです、もう少し・・・恋愛?にしても、もう少し百合的に透明な・・・感じにはいかなかったのかなあと思います、ギャグとして、この作品としてはこれでいいとは思いますが。

  • 読者の投影たる主人公を美化することでロリコンである自分を透し見ずにロリに萌えられるという、気持ち悪さではかなりのレベルなはずなのだが、露悪的な気持ち悪い漫画に焦土にされた後の漫画界ではまだマシに見えてしまう。
    唯主人公と共にロリを視姦するだけの漫画で終わるならこれほど芸のないものはないが、さてどうなるやら。どうもならないか。

全5件中 1 - 5件を表示

柚子森さん 1 (ビッグコミックススペシャル)のその他の作品

江島絵理の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

柚子森さん 1 (ビッグコミックススペシャル)はこんなマンガです

ツイートする