映像研には手を出すな! (1) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.90
  • (23)
  • (38)
  • (17)
  • (1)
  • (4)
本棚登録 : 330
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・マンガ (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091892966

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 想定していた以上の面白さ。1コマの密度が濃すぎて、1度読んだくらいでは楽しめきれない。2度、3度読み返すとまた新しい発見がある。
    (無重力空間で食べられるラーメンどんぶりの構造を妄想するだけで、どんぶり3杯はいけます)
    自主アニメ制作を目指して部活を立ち上げる主人公は女子3人。しかも一人は売れっ子読者モデルという女子力が振り切ってるキャラなのに、なぜかおっさん臭くて女子を感じさせない。でも不思議とキャラが立ってて魅力的。
    究極超人あ~るの光画部を想像しながら読んだけど、部活動としての濃さは光画部以上かもしれない。自分の妄想をノートに書き写して過去のある人、授業中ノートにパラパラ漫画を描いたことがある人は、どっぶり世界感にハマってしまうと思う。

  • これは面白い漫画だ。
    想像に没入が、まずある。
    想像を現実に引き寄せるために、アニメという手段を用いる。
    2巻も読みたいし、「フリップフラッパーズ」のようなアニメになるのも見たい。

  • アニメを作りたい女子たち3人が出会い、サークルを作り、秘密基地のような部室を作り、予算をとるための短編アニメを作るまでを描く1巻。増築を繰り返し迷宮さながらの学校のレイアウトや、設定オタの主人公が夢想する乗り物や、架空の世界のイメージがワクワクするほど楽しい。

  • 面白い!設定出て来たの全部見たい

  • 完結していないマンガにレビューは付けたくない派ですが、これは面白い。
    住んでみたい魅力的な街
    立っているキャラクター
    店舗の良いストーリーライン

    早くアニメ化してほしい

  • 簡単に夢想の世界に行けるというか、夢想を現実に引き寄せる力がすごい。
    金森氏かわいい!

  • いいものだった。アニメを作る、しかもきちんと締切とクオリティを予算を間に合わせるためにどうすべきか?という現実的な視点と、縦横無尽に想像を広げ、ディティールに凝った空想世界を広げていく、両面がすばらしいマンガ。

  • 「宮崎駿が好きな人、集まれ」の帯で集まってしまいました。明るいオタクな主人公とメンバーのセリフ回しも書き込みの多い絵も読んでいて楽しい!
    カリスマ読モが映写室に入るときの空気の動き(ぶわ)は映画館を思わせ、新しい何かの始まりを予感させます。
    連載時はカラーなのかな?全編カラーで読んでみたい。

  • これはいいものだ。
    ストーリー的には地味なのだがめっちゃわくわくする。

  • アニメ化決定!
    湯浅政明監督により
    テレビアニメ化!
    NHK 総合テレビで放送決定!アニメ制作に挑む女子高生の青春冒険ストーリー!楽しみですね。

全27件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

大童澄瞳(おおわら すみと)
1993年、神奈川県生まれの漫画家。東洋美術学校絵画科卒業後に、アニメーションを学び、コミティア111にて漫画を出品。それが編集者の目に入ったことから、『月刊!スピリッツ』にて『映像研には手を出すな!』を掲載、デビュー作となる。同作は「ブロスコミックアワード2017」大賞、「俺マン2017」第1位、「マンガ大賞2018」第9位に選ばれるなど非常に高い評価を得ており、2019年5月にアニメ化が発表された(放送時期未定)。5月10日、『映像研には手を出すな!』4巻を刊行。

映像研には手を出すな! (1) (ビッグコミックス)のその他の作品

大童澄瞳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする