でぃす×こみ 3 (ビッグコミックススペシャル)

  • 小学館 (2018年1月12日発売)
3.60
  • (7)
  • (13)
  • (18)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :142
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091897763

作品紹介・あらすじ

兄と妹の二人三脚凸凹漫画道、完結!

デビューから約1年、ついに初単行本の発売が決まったかおる。
単行本作業を進めるなかで、『でぃす×こみ』の原稿だけ修正しないかおるを
手伝いにきた蘭丸や担当の八反田は疑問に思うが・・・・・・?

初単行本、高校3年生の夏休み、そして連載コンペ。
激動のなかで迎える兄弟二人三脚漫画家の結末は
笑い? 感動? それとも・・・・・・

【編集担当からのおすすめ情報】
ゆうきまさみがBLに取り組んだ今作!
新境地であることはもちろんですが、
毎回、冒頭BL漫画を着色する豪華ゲスト作家が本当にスペシャル!
最終巻のゲスト陣もお見逃しなく!!

でぃす×こみ 3 (ビッグコミックススペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • そうかー、こう終わることになったか。正直、もうちょい厳しめにひねってもよかったかなと思うけれど、ゆうきさんらしい優しさでもありました(^^)。

  • うーん、なんとなく不完全燃焼?もっとほかの終わり方なかったのかなー。そもそも、原案兄にして共著として作品を発表すれば、悩むこともなかったのでは・・と思ったり(もちろん、それではお話としておもしろくないだろうけど)。最終的に「でぃす×こみ」を連載で描くことになったのは、かおるにとって、マンガ家として、いいこととは思えないのですが。なんかもやっとしました。

  • 結局パニックになってバラしてしまいましたとさ.ゆうきまさみもBLはいっぱいいっばいだったんかな?

  • 面白かった。ゲストカラーも素敵。ついに完結。

  • ゆうきまさみ大先生、まさかのBL!?

    昔からいろんなジャンルに手を出される方ではありましたが、この引き出しには正直びっくりしました。去年読んだ「白暮のクロニクル」との落差がすごいすごい(笑)。

    でもいざ本を開くと、やっぱりこれも王道のゆうき作品で、明確にキャラ立ちした登場人物、テンポの良いセリフの掛け合い、散りばめられたギャグセンス、どこをとっても面白い。このゆるい感じ、どこかあの「究極超人あ~る」を彷彿とさせるところがあって安らぎさえ覚えました。BLなのに(でもそこ大事じゃない)。

    惜しむらくは単行本わずか3巻で終了してしまった点で、まだまだ引き延ばせそうな感じはあったのに勿体ない事この上ないです。が、「まだ読みたい!」と思えるうちに大団円で終える事ができたのも、ある意味作品にとっては幸せなのかもしれません。

  • ゆうきまさみさんの描く漫画家の職業もの漫画の最終巻。

    若干、迷走している気がしてどうなるのかなあと思っていましたが、やっぱり終わっちゃいましたね。
    先が見えてこない漫画は短命ですね。

  • 二巻読んだっけ?どうだっけ…。
    毎回カラーが挟まってますけど、このカラーをいろんな漫画家さんが担当してて、これが超おもしろいですよね。本当にそれぞれ全然違う。カラーに引っ張られて絵まで違って見えるから本当に不思議で面白いです。
    そして完結ですねー。まあさらっとした感じの話ではありますけどゆうきせんせのギャグセンスはわりと好きなので、面白かったです。

全7件中 1 - 7件を表示

でぃす×こみ 3 (ビッグコミックススペシャル)のその他の作品

ゆうきまさみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

でぃす×こみ 3 (ビッグコミックススペシャル)はこんなマンガです

でぃす×こみ 3 (ビッグコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする