二月の勝者 ー絶対合格の教室ー (1) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.91
  • (13)
  • (16)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 256
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091897923

作品紹介・あらすじ

中学受験界に現れた最強最悪の絶対合格講師

2020年の大学受験改革を目前に、激変する中学受験界に現れたのは
生徒を第一志望校に絶対合格させる最強最悪の塾講師・黒木蔵人!
受験の神様か、拝金の悪魔か? 早期受験が一般化する昨今、
もっとも熱い中学受験の隠された裏側、合格への戦略を
圧倒的なリアリティーでえぐりだす衝撃の問題作!


【編集担当からのおすすめ情報】
2020年の大学受験改革(センター試験廃止・大学入試共通テスト新設)。
高校からは受験できない中高一貫校の増加など、これまでの常識が通用しなくなっている激動の受験界。

いまや首都圏では4人に1人が中学受験に参加する現在において、
中学受験とはどんな仕組みなのか、そして勝利を勝ち取る戦略とは?

中学受験塾を舞台に、講師と生徒、保護者の、合格を勝ち取る闘いを
強烈なキャラクターと圧倒的なリアリティで描く、
時代の要請に応える作品です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 4巻まで読了。

    中学受験する小学生を対象としている塾の講師たちのお話。
    塾も営利企業なんだよなぁと思い知らされた。
    でも利益だけではないのではと思わせつつ、やっぱり利益優先なの?いや、そう見せかけておいて実は??と、はっきりとは示されないところに多少モヤモヤするものの、こういうのは明示させない美学というものもあるということにしておきましょう。玉虫色も良き。

    自分は中学受験をしていないので、していたらこんな目にあってたのかしらと戦々恐々で読み進めてしまった。

    お子さまが生まれた親御さんにはすぐに、中学受験ってどんなものかしらと思ってる親御さんにぜひ読んでみて欲しい作品です。

  • 柳楽優弥さん主演でドラマ化
    もっとも熱い中学受験の隠された裏側、合格への戦略を 圧倒的なリアリティーでえぐりだす衝撃作!

  • 「君たちが合格できたのは、父親の『経済力』そして、母親の『狂気』」という冒頭のセリフがtwitterで話題になっていたので読んでみた。使われているフレーズは印象的だが、ストーリーとしては学習塾に就職した若い女性の主人公が中学受験業界について学んでいくというオーソドックスなもので、奇をてらった構成ではなく、よく取材されている。

  • 読了。娘の受験が終わった。うちはお客さんかな?

  • 丸善お茶の水店でパワープッシュされていた中学受験マンガ(参考書が充実しているお店だもんね)。いまどきのお受験のリアルもさることながら、手練手管で親子をその気にさせていくさまが面白い。先生は勉強を教えることができるけれど、受験するのは結局本人だから、頑張ってもらうほかない。だからこそドライな現実だけではないプラスアルファが必要だし、そういうものには人生のドラマが宿るのだろう。

  • 中学受験を扱った漫画。類書がないだけに新鮮であり、かつ塾と親との複雑な関係を描き、引き込まれた。次の巻が楽しみである。

  • 大好き。こーいう論理的にしかし愛情を持って落としにいけるのまじ素敵。

  • お取り寄せ王子好きだったなー
    とか言ってる場合でなく。
    面白い面白くない以前に、今の中学受験を知るために読んでおきたい感じかも。

  • 私立中学受験の雰囲気がよくわかる。おもしろい。本当に塾はビジネスだと思いました。

  • 無事終わったので安心して読める。ATMの父です。
    あるある過ぎるのと、塾の裏側の描写がやばいですね。受験前に読むのはおすすめ出来ません。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

高瀬志帆:累計75万部の『おとりよせ王子 飯田好実』の他、現在はTVドラマ化が発表された『二月の勝者』(小学館)を連載中。

「2020年 『おとりよせ王子 飯田好実 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高瀬志帆の作品

二月の勝者 ー絶対合格の教室ー (1) (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする