プリンセスメゾン 5 (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.88
  • (8)
  • (14)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 147
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091898326

作品紹介・あらすじ

家を買えば幸せになれますか?

念願のマンション購入を達成し、
インテリアなどにも目を向ける主人公・沼ちゃん。

沼ちゃんの新しいステージを待ち受けるのは…!?

目的を達成した後も、人生は続く。
話題の住宅漫画、最新第5巻。




【編集担当からのおすすめ情報】
NHKでドラマ化された話題の本作。
「住むこと=生きること」の真理へと
ますます近づく第5巻です。
ぜひお手にとってみてください…!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いま隣にいる人が、隣にいてくれてよかったなあとしみじみ思えてきて泣いた。沼ちゃんみたいな強さがほしいと思うけれど、ふたりでいるのも悪いことじゃない。要さん、うまくいくといいなあ。

  • 居る場所を探す、見つける、手に入れる、そこに身を寄せて過ごす…。温かさもあるけれど、どこか寂しさ切なさが漂うのは「ひとり」だから? 描線や表情に、ひとが生きていくことのちょっとした寂しさをたたえる作品。みんな幸せになれますように。

  • 絵のすき間から伝わる温かさて泣ける。生きていく中ではいろいろなことがあるけれと、優しくすることは忘れたくない、毎日をいとおしむ気持ちは無くしたくないと思えました。詩のような作品です。

  • 恋しなくても毎日は愛おしいんだって、孤独が心を蝕むことはないんだって、彼女が教えてくれたんです…
    誰しもに生活があって価値観があって人それぞれで、正解はないけどこれが正しいのよって世間の声は存在するから難しい。自分が間違ってる気がして。
    池辺先生の本はみんな寂しそうなんだけど丁寧に生きている感じが堪らぬ。静かに丁寧に1人で生きてるの、誰かと一緒でも基本1人で、それでいいよって温かいから好き!
    東京で1人暮らししたくなるーー

  • 女の家、それぞれの事情。

  • 家を買えば幸せになれますか?念願のマンション購入を達成し、インテリアなどにも目を向ける主人公・沼ちゃん。沼ちゃんの新しいステージを待ち受けるのは…!?目的を達成した後も、人生は続く。話題の住宅漫画、最新第5巻。(Amazon紹介より)

  • "「お待たせしましたか?」
    「いえ全然。」『全然気づかなかった。』
    「すみません。突然、出張が決まって…」
    『こんな顔だっけ。』
    「こちらの販売店に時々、商品の説明に来るんです。」
    『けっこうたれ目なのね。あ、眉毛に白髪が…』
    「あの…なんか変ですか?私。
    なんかくさいとか?急いで来たので…」
    「よく見ておかなきゃと思って。次はすぐに見つけられるように。」
    「では何度もお会いしましょう。
    仕事がなくても私が東京に会いに来ることだってできますから。」"[p.177]

    190ページの「あ」ってシーンの顔がとってもいい。

  • 毎回ちょっとしたエピソードに涙腺が緩む。沼ちゃんの顔にドキッとしたけど、伊達さんの驚く顔が非常に面白かった。
    要さんファイトです。

  • 葬式を済ませてきた人に対して掛ける言葉が「おつかれさまでした」、唸ってしまうな〜。たぶん、ふつうは避ける言葉なんだろうけれど、沼ちゃんはわかっているんだ。要さんの「誰かのためにあたり前みたいに自分のすること選んでるかな」や亜久津さんの「好きな人に好かれることのほうが私には大事だったんです」も本当しびれる。紗也さんみたいな素敵な人がケンカばかりの生活を送ってきたのも、そこにはきっとよほどのものがあったのだろう。細部に息づく膨らみがたまらない。この春、東京を離れて新しい街で暮らす友人にも読んでほしい一冊だった。

全9件中 1 - 9件を表示

プリンセスメゾン 5 (ビッグコミックス)のその他の作品

池辺葵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

プリンセスメゾン 5 (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする