重版出来! 11 (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
4.33
  • (17)
  • (11)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 186
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091898722

作品紹介・あらすじ

電子書店、電子書籍のゲンジツとは…!?

「週刊バイブス」でのデビュー初連載が注目を浴びたものの
二作目の連載が不振で打ち切りになってしまった女性作家。
心は、そのダメージから立ち上がれない彼女の新担当となる。

紙の単行本ではなかなか話題にならなかった連載。
作品のファンである電子書店の営業担当が
自店のキャンペーンで推したことから新たな火が…!
電子書店、電子書籍のリアルは、漫画家に何を与えるのか…!?



【編集担当からのおすすめ情報】

今巻では、『ツノひめさま』の高畑一寸のラブも描かれます!
編集担当的には、高畑先生のドキドキシーンが必見であります!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 漫画の読まれ方が変わっている…いまだに電子書籍に疎い自分にとって、今回の巻は色々と新鮮であった。既刊コミックの無料とかバナー広告とか、今まであまり意味が分かっていなかったが(電書は読まないから自分とは無関係と思っていた)、それきっかけで紙では動かなかった作品がバズるとか。
    デビュー作で人気の出たものの二作目が不発で絶賛スランプ中の漫画家・府川の作品が、電書きっかけで人気に火が付き広がっていく過程はワクワクしたが、一部の読者に「掲載誌の概念がない」という現実に驚いた。そして、高畑先生が電書用の縦スクロールを意識したコマ割りに衝撃を受けるシーン…自分も思わず、ネット連載されていたコミックを出してきてコマ割りを確認してしまった。そういうところでも電書と紙の読まれ方の違いは表れてきてるのかと…今まで意識していなかったなぁ。今回、目からウロコというよりは、ゾッとしました(そう感じてしまうのは自分が年だからなのか?)。作品の捉えられ方は世代によってそれぞれだろうけど、電書と書店が相互の長所を伸ばしながら、よい作品を世に送り出してほしいと改めて思った。
    色々考えさせられたところでの最終話、アユちゃんのエピソードが瑞々しくって心洗われたな~!「40代にはすべてがまぶしいのよおお~」と泣く、編集者の染谷さんに同意です。アユちゃんのこれからも、楽しみ。

  • 今回は気分のいい話が多くて、良かった良かった。中田伯が笑ったのなんて初めてだよね。そりゃまあ、現実は厳しいし、いいことばかり続くわけではないのはわかっているけど、それでもこういう巻は嬉しいです。

  • 希望を掴む巻!いい巻になりましたね!

    「負けたことは忘れていい」「次勝てばいい」「ぐずぐず うじうじ ぐたぐだ悩んだっていいことない」

    打ちきりから再生した漫画家。その影では地道なデッサン練習。
    心ちゃんはスランプのときは基礎練習を増やした。

    こういう、基本を大切にするって忘れがちだけど、改めて気付かされました。


    アユちゃんも目標ができて輝きだしたし、中田くんは恋?!恋なの?!
    早く、二人とも幸せになってほしい!
    あと、高畑先生に早く春を届けてあげてほしい!

    すべてのキャラが愛おしいです。大好きな漫画。



    作中話題になった電子書籍か紙の本か。
    電子書籍で買えるものは電子書籍で買うのですが、ここで描かれてるように、「なんとなくトップページにあるものが買われている」という意見には驚き。
    知らないものには手を出さないなぁ。無料おためしだったり、ドラマで知ったとか、漫画喫茶で軽く読んでから決めます。
    なので、検索して欲しいものを探して買います。

    いろいろ購買の方法があるんだなぁと思ったけど、自分の行動には当てはまらなくてぴんと来なかった。

    縦スクロールで読むのに適したコマ割りとか、あるんだなぁ。漫画家さんは新しい試みを挑戦され続けているのですね。尊敬です。

    ちなみに、私が使っているebookjapanだと見開きもできて横スクロールなので、全くストレスがありません。

  • 電子書籍を取り巻く現状と書店業界の話が中心。
    二作目のジレンマ・・・打ち切りと漫画家の生みの苦しみもあり。
    電子書籍は紙の本の流通とは異なる、読書の選書&読まれ方が
    あることに、今更ながら衝撃でした。なるほど~。
    でも、電子書籍によって救われる作品あり。
    河さんの棚にしても同様に、読者やファンの声の大切さも実感。
    メールじゃなくて、紙のはがきってところが良かったなぁ(^^♪
    高畑先生もステキ。カメラマンの仕事に絡む話での対応は、大人。
    電子書籍についても、プロ意識を感じました。
    そして、夢まっしぐらのアユちゃんとびっくり笑顔の中田クン。
    これからの展開が楽しみです。

  • 書店の経営陣が変わって現場の働き方が変わってしまうという、ついこのあいだ大きな話題になった問題がさりげなくですが登場していましたね。そして物語は電子書籍を取り巻く状況へ。コミックの掲載誌という概念が薄まりつつあるのは理解していたつもりでしたが、ファンレターの例は確かに衝撃というか、まだまだわかっていなかったと痛感した次第。

  • #重版出来 読むと元気になれるマンガ。
    なんかこう、おなかに力が入るというか?
    熱くて涙出そう(いや実際ベソかいてるしw)。
    付箋いっぱい打ちました。
    頑張ろう。
    松田先生ありがとうございました。

  • 「自分の明らかなミスや弱点を確認したら、負けたことは忘れていいんです。次 勝てばいい!!」(黒沢)

    紙の時代から電子の時代へ。
    どっちが悪とかではなく共闘出来たら最強だと思う!

  • 「がんばり方がわからなくなった人」の
    エピソードが連続する11巻。
    思うに任せないことや、人の想いを蹂躙する出来事も
    多いけれど、どこかにきっと見ていてくれる人はいると、
    そう感じさせてくれるお話でした。
    自分を振り返る部分も多く、涙しました(´;ω;`)。
    電子書籍をめぐる出版業界の現状が描かれたのも
    興味深かったです。次巻も楽しみです!

  • 芸能界がらみの物語で、なかなかに興味深い内容。鉄板の面白さになってきたか。

  • 「自分の力不足を何かのせいにしない!!」
    この台詞ヤバイな、すごい好きだわ
    何かのせいにしながらしか生きていけないバカにはなりたくないもんな

全17件中 1 - 10件を表示

重版出来! 11 (ビッグコミックス)のその他の作品

松田奈緒子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

重版出来! 11 (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする