GIGANT 1 (1) (ビッグコミックススペシャル)

著者 :
  • 小学館
3.46
  • (2)
  • (9)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 102
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091898753

作品紹介・あらすじ

『GANTZ』奥浩哉が描く圧倒的最新作!

人生に巨大な奇跡は起こるだろうか。僕たちはそれに気づくだろうか。

映画監督志望の高校生・零がある日、町で目にしたのは、大ファンである「女優」パピコを中傷する張り紙だった。深夜、家を飛び出し張り紙をはがしてまわる零に声をかけたひとりの女性。それは---。
まだ誰も目にしたことのない、全く新しいボーイ・ミーツ・ガールが幕を開ける!!

【編集担当からのおすすめ情報】
累計2100万部超の大ヒット作『GANTZ』、アニメ・実写映画化もされた『いぬやしき』。
作品を発表するたびに、圧倒的な話題性とともに漫画表現の先端を更新してきた奥浩哉氏が次に描くのは…ボーイ・ミーツ・ガール!
冠されたタイトルは『GANTZ』から今再びの「G」…『GIGANT』!
次は一体どのような世界へ我々を連れて行ってくれるのか、ご期待ください!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • んー。
    次を見るかどうか迷う。

  • 読む→不安になる→読む→のループ

  • 導入部としてはなかなか興味が持てる内容になっているんじゃないかと思います…!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    奥先生…結構お年を召している?と思われるのになんだか最近の若者の流行とか、きちんと押さえているような気がしてならないです…漫画を描く時、入念に取材でもしているのでしょうか…。

    今回は大きくなったAV女優がなんやかやするお話ですねぇ…果たしてどんな話の展開が待ち受けるのか…今から楽しみですねぇ…さようなら。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 不思議な世界観

    これから存分にエロを全開にしてほしい。

  • 奥浩哉のSF漫画。いつもながら導入が上手く、まだ序盤だけれど続きが気になるところで終わっている。

  • またバカな遊びを始めたって感じ、短くまとまるといいな

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

福岡県出身。1992年より「変 ~鈴木くんと佐藤くん~」を週刊ヤングジャンプにて連載スタート。1996年にはTVドラマ化されるヒットを記録。2000年より同誌にてSFアクション「GANTZ」を連載。マンガの背景にコンピューターを使ったCGを取り入れたりするなど緻密な作画とスリルある壮大な展開で好評を博し、アニメ、ゲーム、実写映画化などさまざまなメディアミックスがなされた。 2014年よりイブニング(講談社)にて「いぬやしき」の連載を開始する。

「2014年 『いぬやしき(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

GIGANT 1 (1) (ビッグコミックススペシャル)のその他の作品

奥浩哉の作品

GIGANT 1 (1) (ビッグコミックススペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする