映像研には手を出すな! (3) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
4.19
  • (8)
  • (21)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 140
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091898876

作品紹介・あらすじ

遊びが足りない。今から音狩りに行くのだ。

映像研、学校を飛び出す!

次なる活動の舞台は
自主制作物即売会COMET-A(コメット・エー)!

SNSを駆使し宣伝に勤しむ金森(かなもり)は
なぜ「お金」にこだわるのか?
「音」の助っ人・百目鬼(どうめき)も新メンバーに加わって、
浅草(あさくさ)が「最強の世界を最強化」すべく覚醒!?

海底文明アトランティス、未来兵器・怪力光線、クラゲ型UFO…
いろんな“遊び”を詰め込んだ生円盤は
果たして当日お金になるか――

アニメ制作×青春冒険ストーリー!!
マンガ賞各賞、続々受賞の話題沸騰作、第3弾!


【編集担当からのおすすめ情報】
本作はブロスコミックアワード2017(TV Bros.主催)大賞受賞、俺マン2017第1位獲得、マンガ大賞2018ノミネートなどマンガ賞各賞を続々受賞しております。新しい漫画の地平を切り拓いた!と各所話題の最旬作をぜひお試し下さい!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スケジューリングやマーケティングその他諸々も全部含めた映像「研」かあ~、金森氏の存在の大きさよ。
    仲間が増えた!またニッチな拘りを持ってる人だ

  • 金森氏の過去が語られたり
     音といふ重要なファクターが出たり。
     そして兎トーテムの人であった浅草氏は、自身のやることがなんであるかを知る。
     「サンキュー照代」 といふしょーもないレトリックに、1993年生まれかと作者の年齢を疑ってしまふ。

  • 音響と生徒会長(書記)とメンツも増えつつ、世界の展開も充実しててうれしい。
    とは言いつつ、なんか良いところに行きすぎてる感じもあるけど、
    まあそういうマンガでは無いのか、な。
    そういうの求めてないし。たぶん。
    いや、展開が変わっても掌を返すかもしれんが。

  • 3人でゴチャゴチャものづくりしてる感じが
    楽しそうで良い。
    細かいキャラ設定なんかも世界観入り込める

  • 遊びが足りない。今から音狩りに行くのだ。映像研、学校を飛び出す!次なる活動の舞台は自主制作物即売会COMET-A(コメット・エー)!SNSを駆使し宣伝に勤しむ金森はなぜ「お金」にこだわるのか?
    「音」の助っ人・百目鬼も新メンバーに加わって、 浅草が「最強の世界を最強化」すべく覚醒!?海底文明アトランティス、未来兵器・怪力光線、クラゲ型UFO…いろんな“遊び”を詰め込んだ生円盤は果たして当日お金になるか――
    アニメ制作×青春冒険ストーリー!!マンガ賞各賞、続々受賞の話題沸騰作、第3弾!(Amazon紹介より)

  • 映像研に仲間が増えた!その名は百目鬼!浅草は新たに新しい映像を創造。音が加わる!はじけろ映像研!金森の過去や浅草と金森の出会いも収録。次巻は今冬。楽しみ!

  • 「遊び方をコントロールするのが、良い管理者ってもんよ」とか、やたらと名言の飛び出す回だった。彼女らの働きっぷりもファンタジックだし、彼女らが住む世界観も日本そのものというよりはどこか浮世を離れた情景なのだが、学校の描写だけが嫌にリアルな日本で、それ故に彼女らが描くフィクションが一層引き立つ思いがする。以前にも増して気持ちのいい巻だった。

  • 仲間が増えてよりマニアックに。作者が描きたいこと描いてる!って感じ。

  • ますますニッチな方向へ進んでいる。いいぞいいぞー。

  • アニメを作るJK愚連隊の進撃、
    次なる目標は外部イベントでの作品発表&販売。
    妄想からあふれ出す設定の細やかさや
    異世界感の魅力はそのままに、
    浅草の「演出」、金森の「運営手腕」、
    水崎の「広告塔力」、そして新参入・百目鬼の「音響力」。
    それぞれの個性が際立ち、見事に噛み合って、
    ひとつの結果へと結実していく物語展開が熱いです。
    大きな山をひとつ越えた彼女たちが、
    次に迎えるであろう展開に、また期待が募ります。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大童澄瞳(おおわら すみと)
1993年、神奈川県生まれの漫画家。東洋美術学校絵画科卒業後に、アニメーションを学び、コミティア111にて漫画を出品。それが編集者の目に入ったことから、『月刊!スピリッツ』にて『映像研には手を出すな!』を掲載、デビュー作となる。同作は「ブロスコミックアワード2017」大賞、「俺マン2017」第1位、「マンガ大賞2018」第9位に選ばれるなど非常に高い評価を得ており、2019年5月にアニメ化が発表された(放送時期未定)。5月10日、『映像研には手を出すな!』4巻を刊行。

映像研には手を出すな! (3) (ビッグコミックス)のその他の作品

大童澄瞳の作品

ツイートする