3 (7) (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.42
  • (0)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091911476

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【友人から拝借】

    何かに対して真摯であろうとするほど傷ついてしまうのは何故だろう。 理乃は音楽に純粋なあまりケイを憎み、ケイはその理乃の純粋さを愛する。
    ケイの女たらしっぷりが本当に憎らしくて、理乃は仁志と恋をした方が絶対楽だと思った。 でもケイを知ってしまった後では、きっと他の誰と結ばれても幸せではないんだろう。 この2人はお互いしかわかり合えない魂を交歓している。 ソウルメイトと過ごした時間は、時が経っても色褪せることはない。

    音楽に魅せられた理乃と、音楽で世間に復讐しているケイが、クライマックスに向かって加速する。

全1件中 1 - 1件を表示

惣領冬実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする