大江山花伝 (1) (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.60
  • (7)
  • (15)
  • (21)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 88
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091911919

作品紹介・あらすじ

鬼と人との悲しい恋を描いた傑作ロマン。

今は昔、大江山に酒呑童子という鬼がいた。都を荒らし、姫をさらい、悪事のかぎりを尽くしたそうな。 さて、宮中より鬼退治を命じられたのは音に聞こえた勇将・渡辺綱。だが、勇躍して鬼の岩屋にのりこんだ綱が目にしたものは…。 鬼と人との悲しい恋を描いた表題作ほか、愛する人を殺された鬼の復讐物語「花伝ツァ」、室町の世を美しく舞う若き世阿弥の永遠の恋「夢幻花伝」など、傑作長編「夢の碑」番外編となる全4作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (2019-06-16)(2019-07-20)(2019-08-18)

  • 50ペンス

  • 北朝と南朝の争い、野心を持った貴族や芸人の罠、女の恋の嫉妬……
    さまざまな人たちの思惑が交錯して、時代の流れが作られてゆく様が
    とても丁寧に描かれています。
    そしてそれら時代の流れに翻弄されて、共に想い合いながらも
    一緒にはなれなかった、世阿弥と幼馴染の亜火の幻想的な悲恋物語です。

  • 「大江山花伝/鬼の泉/花伝ツァ/夢幻花伝」を収録。ずっと読みたかった「大江山花伝」が入ってたのでこれを買ったのだけど、駆け足気味でやや不満。鬼の話としては、「花伝ツァ」のほうが好き。「夢幻花伝」は、観阿弥・世阿弥の話をDOZI様流にアレンジしたもの。毎度ながら、そのアレンジっぷりに脱帽!将軍サマが好きだー

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

漫画家。1948年東京都目黒区生まれ。1969年、『別冊マーガレット』でデビュー。代表作に『摩利と新吾』『杖と翼』『アンジェリク』『夢の碑』など。現在、集英社の隔月誌『ザ・マーガレット』誌上にて、『王朝モザイク』を連載中。

「2019年 『バルザック 三つの恋の物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木原敏江の作品

ツイートする