ファンシィダンス (4) (小学館文庫)

著者 :
  • 小学館
3.73
  • (9)
  • (6)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091912947

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全5巻読了。永平寺の修行増をモデルにしたお話。ほぼお山での修行話でとうとう主人公が願わずして修行増のトップ役になる巻。メモ、首座(修行増のトップで手本となる)、書記(首座の補佐で裏番長、お山のSK管理)、侍者寮(禅師さまについて全国を巡るマネージャー的役割)。

  • モツくんのDVDを観て理解できない部分があったので原作を読んでみた。
    やはり当時の最先端が、今見ると古臭くてたまらない。
    言葉が外国語のよう…(笑)で、読むのに時間がかかるかかる。
    変わるもの(世間)と変わらないもの(お山)の生活の違いが楽しい。

  • とにかく面白すぎるー。
    人物の書き分けすごい。

  • 単行本で読みました。岡野さんが手塚治虫さんの息子さんの眞さんとご結婚されたころでしたっけ・・陰陽師のシリーズは、まだ読んでいないのですよ。こっちのシリーズは、CD買ったり、映画を観にでかけたりと、ハマッタ覚えであります・・・

  • 「陰陽師」ブームの火付け役、岡野玲子のデビューコミック。の文庫版。全5巻。なかなか深いです。真理もギャグも。私は「しゃばだっ♪しゃばだっ♪」が好きです。一番それっぽい表紙の4巻をチョイス。

  • 全5巻

  • 坊主を主人公にもってくるあたりさすがは岡野玲子。ギャグが多いですが、時々世界観が果てしなく広がりパチンコ台が宇宙にかわります。結構名作かも。

  • これは坊さん姿の陽平君。
    GFの真朱(まそほ)さんと、お寺の息子でロックバンドのボーカルもやってる陽平君の掛け合いが絶妙です。
    個人的には、「陰陽師」よりこっちが好きです。

  • ヨーヘーくんが好きすぎる

  • 素敵なお坊さん洋平くん♪
    味のある修行中のお坊さんがいっぱいでてきます☆
    一時期マジにあこがれて比叡山延暦寺とか行こうとしてました☆

全10件中 1 - 10件を表示

ファンシィダンス (4) (小学館文庫)のその他の作品

岡野玲子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする