ほのかにパープル 第1巻 (小学館文庫 さB 61)

  • 小学館
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091913630

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「紫野ゆき」の歌が主題だけど舞台は京都。義理の兄妹による禁断の愛。話がわりと急転直下で進む。と言うとエロゲ感ある。
    演出で魅せる、画面が全体的にキラキラ綺麗で、おお少女漫画だ……とは思ったけど、何分展開が常に急なので、感情を移入させる隙はない。目の保養マンガってかんじかなあ。
    中大兄と額田がメインの短編「風の歌うたい」は、吹雪の中の抱擁からの一晩とか、額田の巫女宣言とか、とっても井上靖。なんか別の額田漫画も噂によるととっても井上靖らしいので、それだけ『額田女王』は女性ウケするんだね……私も好き。

  • <全2巻>
    万葉図書館の伝説ってすごくステキ!
    終わり方がとても好きなお話です。

  • 2012/3/11 21:22

全3件中 1 - 3件を表示

ほのかにパープル 第1巻 (小学館文庫 さB 61)のその他の作品

さいとうちほの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする